fcb.portal.reset.password

FC バルセロナは、チャンピオンズリーグ、グループ説の最終節をホームにて、ボルシア・メンヘングラッドバッハと戦う。既にグループ内首位通過が決まっているこの試合について、ルイス・エンリケは、「チャンピオンズリーグをファンと一緒に楽しむ」ことを主体にこの試合を行ないたいと話し、試合前にこの試合は、「通常と異なる選手を起用し、一部の選手には休息を与え、他のシステムを試す」ことに使いたいと明言した。また、今回のスタメンに、レオ・メッシを起用することも断言した。

今回の試合をクラシコをホームで引き分けて迎えることについて、ルイス・エンリケは、「勝つことは常に最高の薬だ」と話し、「結果によって変わるものはないが、モラルが上がるし、迷いを吹き飛ばすためにも勝つことは大事だ」とつけ加えた。ここから先について、「あらゆる大会でシーズンの終わりに生き残れるように戦い続けること」が目標だと話した。

「もし、このチームが何かを証明したとすれば、それは野心と全試合で勝ちたいという気持ちだ」

結果が思うようにいかない状態が続いているが、ルイス・エンリケは、「もし、このチームが何かを証明したとすれば、それは野心と全試合で勝ちたいという気持ちだ」 とコメントし、また、「こういった結果の後、向上することもその逆もある」とつけ加え、その意味で、今まで通りのやり方を変えることはないと話し、その理由は「私が唯一できることが、我々をここまで導いたスタイルに忠実であること」だからだと話した。

Pボルシア・メンヘングラッドバッハをホームに迎える際に、ネイマールJrとラキティッチが累積欠場となるが、ネイマールは、今週の月曜日、筋肉疲労の負荷により、グループ練習を行なわなかった。ルイス・エンリケは、「処分は、負荷を分け合い、その時間で回復するのに役立つ」との見解を示した。また、イニエスタがプレーできる状態にあることを合わせて伝え、「彼のレベルに戻った」と評価し、「キャプテンの復帰は常に大事だ」とその朗報に満足感を表現した。

上に戻る