fcb.portal.reset.password

FC バルセロナ は、すでにパリに到着した。火曜日、チャンピオンズリーグが再び、戻ってくる。対戦相手は、PSGだ。その前日記者会見で、ルイス・エンリケが話した概要は、下記の通り。

試合の展望

「とても厳しい予選になると思っている。PSGは攻撃的にくるだろうし、サポーターを味方につけてくるだろう。両チームが持っている野心が表現され、見る側には、非常に魅力的な試合となるだろう」

PSG について

「ここ数ヶ月を見ている限り、PSGはとても高いレベルにある。攻撃の時は、4-3-3 を使い、ディフェンスでは4-1-4-1で守っている」

「彼らはエリアで解決する力のある9番ーカバニーを手にしているし、ディフェンスを犠牲にするキャパシティがある」

「(ティアゴ・シルバも含めて)全選手が参戦してくれることを望んでいる。そうすれば素晴らしい試合が見られることだろう」

パルク・ド・フランス

「私たちは、パルク・ド・フランスのスタジアムについて良い思い出を持っているが、それは私たちが良い内容の試合をしたからだ。決して、彼らが私たちがやりやすい試合をしたわけでも、おとなしかったわけでもない。全くその逆だ」

ウナイ・エメリー

「私たちを熟知している監督がいる。彼ほど多く私たちと対戦している監督はいない」

「ウナイは、スペインサッカーの監督の中でも最高の監督の一人であり、欧州レベルでもそれが認められ、褒められている監督だ」.

ジェラルド・ピケ

「彼は私たちにとって鍵となる選手だ。だからこそ、用心を重ねてきている」

「明日は完璧なコンディションでいなければならない」

目標

「目標は、ライバルを超え、第二レグのことは考えず、とにかく試合に勝つことだ」

「チームの状態は良いし、これは異なった大会で、全員にとって特別なものだ。私たちはベスト8に入られるレベルでありたいと思っている」

ウナイ・エメリー:「欧州で最も偉大なチームの一つとの対戦だ」

PSGの敵将、ウナイ・エメリーは、前日記者会見にて「欧州のビッグチームを乗り越える絶好の機会となるだろう。私たちは何度もバルサと対戦して来ている」と話し、「鍵はチームプレー、個人プレーの両方で勝つことにある。ピッチ上で私たちは両方とも常に相手を求めに行くチームだ」と話し、「バルサに容易に試合をさせないだけのものが十分あると思っている」と自信をみせた。


上に戻る