fcb.portal.reset.password

ラス・パルマス戦でも二人してゴールを決めたメッシとスアレス | MIGUEL RUIZ - FCB

レオ・メッシルイス・スアレス は、リーグ戦の最多得点表において、それぞれが精彩を放っている。ラス・パルマスを相手に今年初のゴールリサイタル(5-0)を行なった後、二人は、今季、14ゴールを決めて、最多得点王の位置に輝いた。このラス・パルマス戦で、3得点を決めー残りの二得点は、アルダアレイシ・ビダルがマークー、試合を勝利に導いた。ルイス・スアレスは、後半、再び、ゴールを決め、ダブルゴールを手にし、メッシは2得点目を決めて、対戦した1部の35チーム全チームにゴールを決めるという偉業を達成した。

このアルゼンチン人、ウルグアイ人のゴールで、バルサのトリデンテが決めたゴール数は、更に増えた。国王杯でのアスレティック・クラブとの対戦で、既に3人で300ゴールを達成し、今週の土曜日は、ネイマールJrは、ベンチを温めたものの、メッシとスアレスが再び、その攻撃力を発揮し、その数字を、更に305ゴールへと伸ばした。また、スアレスは、バルサのユニフォームを着て、100ゴール目を決めたばかりだったが、この試合後、121試合で102ゴールへと更に記録を伸ばした。

このラス・パルマス戦後、14ゴールと1部の最多得点王としてのゴール数を伸ばしたメッシスアレスの二人は、次点のロナウド(レアルマドリード)とイアゴ・アスパス(セルタ)の11ゴールから、一歩、差をつけた。

上に戻る