fcb.portal.reset.password

FC バルセロナは、今年の夏、アメリカ合衆国にて、レレバントスポーツによって運営される大会、第五回インターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)にて、ユベントス、マンチェスターユナイテッド、そしてレアルマドリードと対戦する。

FC バルセロナは、今年の夏、ICCにて3試合を行なう。最初の試合は、7月22日のユベントス戦—バルサが近々、チャンピオンズリーグのベスト8で対戦する相手だ。試合は、イーストラザーフォードのメットライフスタジアムで行なわれ、キックオフは、ニュージャージーの現地時間18時(日本時間7時)となる。第二試合は、マンチェスターユナイテッドとの対戦で、メリーランド州ランドーバーのフェデックスフィールドで、7月26日19時35分キックオフ(日本時間8時35分)からとなる。最後となる試合は、レアルマドリードとの対戦であり、フロリダ州マイアミガーデンのハードロックスタジアムで、7月29日19時半(日本時間30日8時半)にキックオフとなる。バルサ〜マドリードとのクラシコがあることは、毎々で3月10日に発表されており、アメリカの海岸でクラシコが初めて見られることになる。ちなみにスペイン国外でクラシコが行われるのは二度目であり、1度目は、1982年 5月30日にベネズエラのバルキシメトで行なわれた。

また、ICCは、7月19日から30日の間に行われ、欧州の第一線の8チームが参加する。前述のチーム以外に、PSG、ASローマ、マンチェスターシティ、トッテンハムが参加するほか、今年はシンガポール及び中国でも、7月25日から29日に行われ、それには、アーセナル、バイエルン・ミュンヘン、ボルシア・ドルトムンド、チェルシー、ACミラン、インテル・デ・ミランが参戦する。 

それぞれの詳細については、火曜日にニューヨークで発表となった。バルサからはパリでの英雄、元バルサの選手、ジュリアノ・ベジェッティとFCバルセロナのチーフレベニューオフィサーのフランシスコ・カルボが代表として出席した。そのほかにも、ダビッド・トレゼゲ(ユベントス)、ネマンニャ・ヴィディッチ(マンチェスターユナイテッド)、エミリオ・ブトラゲニョ(レアルマドリード)、ガブリエル・ヘススとグンドガン(シティ)、レドリー・キング(トッテナム)、ダニエル・ブラボ(PSG)、セバスティアン・ネラ(ローマ)などが参加した。

バルサ、ICCの顔なじみ

バルサのトップチームが初めてICC に参戦したのは、2015年の夏だ。最初はローズボウルスタジアムでロスアンジェルス・ギャラクタシーとの対戦を行い、続けてサンタ・クララのレヴィススタジアムでマンチェスターユナイテッドと試合を行ない、その後、ワシントンDCのフェデックススタジアムでチェルシーと対戦した。アメリカで3試合を行なった後、バルサはイタリアへ飛び、フロレンティーナと試合を行なった。

また、FCバルセロナは、昨年の夏にもインターナショナルカップに参加している。その際は、3試合に参戦し、全て欧州を舞台に行われた。昨年のデビュー戦は、7月30日にダブリン(アイルランド)のアビバスタジアムで行われたセルティックとの対戦だった。その後、ストックホルム(スエーデン)のフレンズアレナスタジアムにて、レスターシティと戦い、最後にウェンブレイでリバプールと試合を行ない、大会を終えた。

ジュリアノ・ベジェッティコメント

今年のICC カップは、世界の最高峰のチームがいる。FCバルセロナが再び、アメリカに戻ってきて、サポーターの近くにいることができ、サポーターは世界中の最高のチームと選手を野田シムことができるのは、誇りだ。前年同様、今年の夏も成功することを確信している。

アメリカで7回目

今回をもって、バルサがアメリカでツアーを行なうのは、7回目となる。2003年にフランク・ライハールトの率いる選手らが、ユベントス、ACミラン、マンチェスターユナイテッドを前にアメリカで最初に試合を行なった。3年後、バルサはチバス、アメリカ、ニューヨークレッドブルズと戦い、その翌年は、再び、LAギャラクシー、それからシアトル・サンダーズ、チバス・グアダラハラと対戦した。2011年の顔合わせは、マンチェスターユナイテッド、クラブ・アメリカ、チバス・グアダラハラであり、最後の2015年には、LAギャラクシー、マンチェスターユナイテッド、チェルシーと戦っている。

バルサがステージをアメリカで行なうのは、クラブにとってのストラテジーにおいて主となるテリトリーであり、ニューヨークオフィス開設の際にジョセップ・マリア・バルトメウ会長が出席し、元バルサの選手ロナウジーニョがオープニングを行なったのは、記憶に新しい。バルサはニューヨーク以外に、香港にもオフィスを設置している。

上に戻る