世界的にインパクトを与えた選手補強

世界的にインパクトを与えた選手補強

7月からデ・ヨングがチームに加入するというクラブの公式発表は世界中のニュースになった

バルセロナにとって待望の選手であり、世界中に反響のあるものとなった。フレンキー・デ・ヨング獲得についてアヤックスとの合意の報せは1月23日で一番のスポーツニュースとなり、世界中のメディアが反応した。

移籍市場で最も注目を集めていた一人であるオランダ人選手は今年夏にアヤックスを去り、パリ・サンジェルマンでもマンチェスター・シティでもなく、FCバルセロナを新天地に選んだ。世界で最有望視されている若手選手の一人のサインを得るため、FCバルセロナはバルトメウ会長、クラブCEOのオスカル・グラウ、サッカー部門のスポーツマネージャー、ペップ・セグラらクラブの一行が現地入りした。

mini_firma-de-jong-4
mini_firma-de-jong-4

 

カタルーニャ、そしてスペイン国内

スポルト紙とムンド・デポルティーボ紙はこの選手補強を一面で伝え、エスポルティウ・デ・カタルーニャを含めたカタルーニャ州の主要スポーツ紙3社がオランダ人ミッドフィールダーの加入をクローズアップ、「戦術的な補強」だとした。スペイン国内のスポーツ紙ではマルカ紙、アス紙が補強の反響を伝え、デ・ヨングについて「理想的な補強」、「最上級」だと見ている。

オランダでこの日一番のスポーツニュースに

選手の母国でも移籍決定は大きな意味合いがあった。デ・テレグラフ、フォルクスクラントといった日刊紙、またNOSテレビがFCバルセロナでこれまで所属したオランダ人選手の伝統を振り返った。さらにレキップ紙(仏)、ガゼッタ・デロ・スポルト紙(伊)、ビルド紙(独)、またBBCといった欧州の主要メディアがいずれもデジタル版で選手移籍の一報をトップで扱った。

UEFA「一世代に一人現れる選手」

UEFAのオフィシャルサイトでは「フレンキー・デ・ヨング、なぜそれほどまでに特別なのか」との見出しが付けられたレポートが掲載されている。同組織から見てデ・ヨングは「一世代に一人現れる選手」」で、中盤のあらゆるポジションでプレーできるとしている。

さらに記事内では「瞬きをしている間にゲームを変えられる選手」だと定義。完璧にバルサで機能すると確信している。セルヒオを模範に「彼から学び、最終的に後継者になる」との見方を示している。UEFAはラ・マシア出身のミッドフィールダーたち歴代オランダ出身でバルサに所属したクライフ、ニースケンス、クーマン、クライファート、オーベルマルスにも注目している。

firma-de-jong-7 2
firma-de-jong-7 2

 

世界での扱い

選手のバルサ加入のニュースは国境を越え、アルゼンチンでも話題になった。オーレ紙は「メッシにとって素晴らしい選手」と伝えた。ブラジルの主要スポーツ紙ランス!も選手の新チーム加入を扱った。

Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ