トッテンハム戦での1-3、バルサのDNAゴール

トッテンハム戦での1-3、バルサのDNAゴール

バルベルデの率いるチームは、トッテンハムを前にウェンブリーで、1分間で 22回ものパスを通し、その結果、レオ・メッシの最初のゴールが生まれたのだった。

バルサは、ボールを足元にして楽しんだ。エルネスト・バルベルデが率いるチームは、ピッチを支配し、手本となる素晴らしいサッカーを披露した。メッシは、素晴らしいショウを見せただけでなく、1-3となるゴールを生み出したそのプレーは、まさにバルセロニズムのスタイルそのものだった。

PSVを前に決めた時のように、FCバルセロナは、自らのリズムを強いて、ゴールをマークした。バルサのウェンブリーでのポゼッション、1-3にスコアを変えたゴールは、その新たな証明となった。63秒間に22回ものパス。そのフィニッシュを彩ったレオ・メッシ。この芸術作品に、ロンドンのピッチで、8人もの選手が加担していた。

アルトゥールがスタートしたプレーから、そのボールは、コウチーニョ、メッシ、セルヒオ、ラキティッチ、セメド、ルイス・スアレス、ジョルディ・アルバの足元を通しつつ、最終的にレオ・メッシのもとにたどり着き、そのコンビネーションプレーが、ウェンブリーまで足を運んだバルサファンの前で、メッシのゴールを楽しませる結果となった。バルサのキャプテンは、ポストに二回、当てたが、後半に、放ったシュートは、ロリスの手に届かないぎりぎりの位置をとらえた。バルサにとって、幸運をもたらすスタジアムで、メッシは、再び、そのスペクタクルなプレーを披露したのだった。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる