バルサがエンブレムを更新

バルサがエンブレムを更新

新しいデザインはクラブのルーツと歴史的要素を強調した上で‘ブラウグラナ’の色調がより際立ち、バルサのプレースタイルが際立つものになっている 基本的な形は変わらないがFCBの文字と内側のアウトラインが削除され、よりバランスの取れたデザインとなっている

FCバルセロナは現在の流れに対応するためそのエンブレムを刷新する。現在使用しているのは2002年に更新されたもので、それ以降、社会、テクノロジーなど数多くのものが大きく変化しておりクラブを象徴するシンボルも進化する必要がある

この進化はエンブレムが持つ歴史的要素、バルセロナという都市、カタルーニャという国、さらに‘ブラウグラナ’の配色、ボールといったものを忠実に反映させたものになっている。ただし新しいデザインはより重要性が増しているデジタルメディアの世界でより大きな再生能力を備えている。最も大きな変化はチームカラーのバランスとそのインパクトの強化、加えてバルサのプレースタイルの中心的かつ象徴的な存在であるボールとFCBの文字となっている。

 

新バージョンは国際的にブランド展開を進めるFCバルセロナ戦略の主目的の1つにも対応している。バルサ独自のタイポグラフィー作成とクラブ全部門で使用できるための現代的で統一化されたビジュアルを作成するため、ここ数ヶ月でブランド戦略の一新を目的に様々な作業が行われてきた。

新しい戦略で生まれてきたものの中の一つはFCバルセロナとバルサという2つの公式ブランドを使用してきたこと。後者は愛称として広く浸透しているにも関わらずこれまでは公式名として扱われることはなかった。

このプロジェクトは、バルセロナを拠点とするブランディング会社Summaで、責任者はナショナル・デザイン・アワードなどを受賞したコンラド・ジョレンス氏、さらにカタルーニャの有名デザイナーの1人、ジョセップ・マリア・ミール氏がクリエイティブディレクターを務めた。

エンブレムの変更はクラブ法令の改正として処理されるため、すでに理事会で新デザイン案は承認されている。今後クラブ会員からの承認が必要なため10月20日の評議会で提案される。

同会で承認された場合、新エンブレムは2019 /20シーズンから使用される。

エンブレム変更の理由

  • 1899年の設立以降、時代に適応するためクラブは定期的にエンブレムを更新している
  • エンブレムは新しいデジタルニーズや消費コンテンツの形態に適応する必要がある
  • 現行のエンブレムはすべてのメディアで正確に複製される保証がない
  • エンブレムをブランド戦略に合わせる必要がある
  • これらはクラブの成り立ちとエンブレム自体の起源を尊重して行われなければならない
  • さらにシンボルとしての認識能力を妨げたり、危険にさらすことはできない
  • 他の主要ブランドに匹敵する新しいエンブレムがクラブには必要と考えられる

技術的に考慮された事項(変更点)

  • 黒い内側の輪郭の削除

  • エンブレムを構成する様々なシンボル(バルセロナ、カタルーニャ、ボール、ブラウグラナの旗)の視認性が向上し、より大きな調和の実現
  • ブラウグラナ’ストライプの数が7から5に減り、コントラストが改善されたことでバルサのチームカラーが際立つよう変更
  • ボールの位置を中央に移動、その存在感を強調

その結果、より均質でより調和の取れた、より明るいエンブレムが、これまでの本質を維持しながらすべてのメディアでより忠実に再現できるようになった

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる