ルイス・エンリケ「最高にエキサイティングだ」

ルイス・エンリケ「最高にエキサイティングだ」

まだ、チャンピオンズリーグのグループCにはあらゆることが起きうるとルイス・エンリケは、前日記者会見でコメント。

この世界中が期待しているビッグマッチを前に、期待感を覚えているのは、ベンチに座る監督も同じだ。バルサの元監督であり、友人でもあるペップ・グアルディオラが率いるマンチェスターシティとの対戦について、ルイス・エンリケは、「単にグループ内首位を争うだけでなく、グアルディオラの率いるシティと戦うのは、最高にエキサイティングだ。友人が率いるチーム同士の対戦は、常にエキサイティングだ」と明日の試合を評した。

そのペップ・グアルディオラに向けて、賛辞のことばがあふれた。「私にとっては、現状で最高の監督だ。彼のような攻撃的なプレーをする監督が私は大好きだ。常にボールを持ちたがる。私達と同じプレースタイルだ」とコメントした。

同時に、その意味では、「ポゼッションが意味を持たない試合や対戦相手がある。マンチェスターシティとの対戦は、そうではないが、だからといって、よりポゼッションを手にする方が勝つとも言いたいわけではない」と明言した。

また、まだ、グループ内は何も決まっていないと話し、「これは(相手との勝ち点)差をつける絶好のチャンスだが、まだ、その後、シティのホームに行かなければならない。まだ、現在、3節目だ。試合が終わっても、まだ3試合のこっている。まだ、何も決まってはいない」と引き締めた。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる