カルラス・プジョル「まだ、リーグは残っているし、多くのことが起きるだろう」

カルラス・プジョル「まだ、リーグは残っているし、多くのことが起きるだろう」

FCバルセロナの元キャプテンが土曜日のクラシコ前にバルサの現況を分析した。

FCバルセロナの伝説のキャプテン、カルラス・プジョルが、レアルマドリードとのクラシコを前に、バルサの現況について、分析を行なった。元バルサのキャプテンは、クラシコの前は、「誰もがマドリードはとてもいい状態で来るし、バルサはそこまでじゃないと言うが、順位表は、ここでは全く関係ない」と断言した。「確かにマドリードは、勝ち点6点差で首位にいるだけに、落ち着いてこれるのは確かだが、まだ、全てが残っているし、多くのリーグ戦の試合が残っている。いろんなことが起きうるだろう」と続けた。

また、プジョルは、今回、唯一、避けなければならないのは「焦燥感」だと話し、「この手の試合は。クラシコというだけで、モチベーションがわくから、特別に準備する必要はない」と話した。また、ジョセップ・グアルディオラが監督だった頃に、「もっと練習するより、自由時間をより与えてくれた。僕らが練習場に入ることを禁じたほどだった。なぜなら、僕らに頭を切り替えて欲しかったからだ」と当時を振り返った。

「もしも、僕の問題だけなら、まだ、プレーしているだろう」とプジョルは、自身について語った。「練習に行き、試合をして、チームメートと過ごす、そんな日々がとても懐かしいよ。この手の試合に参加せずに生きて行くことは、ずっと難しい」とバルサの選手は話し、また、現在は、この手の試合を「家で友だちと見ているが、あまり、多くでは集まらないよ。なぜなら、試合で何が起きているかに集中して見たいからね。この試合を楽しみ、バルサが勝つことを願っているよ」と話した。

最も特別なクラシコとなった 2-6

カルラス・プジョルは、彼が数多く参戦してきたクラシコの中でも、サンティアゴ・ベルナベウの2-6の試合は、特別だったと話す。「素晴らしい試合だった。僕にとっては、その試合の進み方といい、チームのリアクションといい、最もスペシャルなゲームになった」と説明した。最初は、先制されたが、バルサはすぐにリアクションを起こし、堂々と試合を制することができた。「当時のマドリードは絶好調だったが、僕らは順位表の勝ち点差を詰めることができた。あの勝利は、ペップ時代のリーグ優勝を決めるものとなった」と当時のキャプテンであり、6ゴールのうちの1得点を決めたプジョルは、話した。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる