新たな決勝進出のチケットに向かって

新たな決勝進出のチケットに向かって

バルサのトップチームは、火曜日に行われる国王杯準決勝第二レグ、アトレティコ・デ・マドリードとの対戦に向けて集中し、最終調整を行なった。

FCバルセロナは国王杯決勝進出を目前にしている。もしも、達成すれば、最近、9年間の間で、7回目の進出であり、また、4年連続の決勝行きを果たすこととなる。バルサのヘゲモニーがこの大会において強いことを示すデータだ。バルサは、国王杯タイトル28回、 手にしている。今回の対戦相手は、アトレティコ・デ・マドリードであり、ビセンテ・カルデロンで行われたその第一レグの試合をルイス・エンリケの率いるチームは、制している(1-2)。とはいえ、相手は、今季、リーグ戦でカンプノウにてドローを手に入れたチームだ。決勝進出には、少なくとも2得点を決めることが必要になるとバルサのトップチームは、肝に命じている。

月曜日の午前中、バルサのトップチームは、練習場のグラウンド2にて、招集可能な全選手と共にトレーニングを行なった。その様子は、ビデオや写真ギャラリーからもチェックできる。練習後、ルイス・エンリケが試合前日記者会見を行う。
Força Barça
Força Barça
記事を閉じる