メンディソロッサでのルイス・スアレスの活躍

メンディソロッサでのルイス・スアレスの活躍

アラベスーバルサ戦の勝利で最も目立った選手の一人、スアレスの大活躍を再現

FC バルセロナ は、メンディソロッサで圧勝した(0-6)。その主役の一人は、間違いなくルイス・スアレスであり、再び、ゴールを決めてリーグでのゴール記録を18に伸ばし、最多得点王リストで単独首位になった。

バルサの生まれながらの '9' 番は、アレイシ・ビダルが送った完璧なセンタリングに合わせて、先制点を決め、耐えてきたアラベスのブロックを破った。鍵となるゴールは37分に生まれた。

スアレスはそれだけではすまず、0-3のゴール以外、バルサが決めた全てのゴールに絡んだ。最初はネイマールへアシストを送り、0-2 (40分)のゴールを決め、ハーフタイムの後、さらにレオ・メッシにゴールを送り、彼のプレーから0-4のアレクシスのオウンゴールを導き (63分)、0-5のイバン・ラキティッチのゴールのアシストも送った (65分)。

そして、最後のゴールを締めくくる役割も果たした。ゴールキーパーのクリアボールを押し込んで試合を0-6 (67分)にしたのだった。再び、バルサの攻撃陣が活躍し、また、ルイス・スアレスは、監督がバルサのユニフォームを手にして持っていた記録、109ゴールに達したのだった。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる