ユベントス戦を前にした最後の練習

ユベントス戦を前にした最後の練習

トップチームの選手たちがチャンピオンズリーグ準々決勝の第2レグに向けて最後の調整を行った

チャンピオンズリーグに向けてすべての準備が終了—。トップチームの選手たちがユベントスと対戦するチャンピオンズリーグ準々決勝の第2レグへ向け、クラブ総合練習場のティト・ビラノバグランドで最終調整を行った。なお下部組織チーム所属のカルラス・アレニャもメンバーに加わっている。

ロス・アスルグラナスは、前回ベスト16でのPSG戦と同じく 逆転での勝ち抜けを狙う。トリノでの3−0での敗戦によりルイス・エンリケ率いるチームは第1レグでの敗戦を跳ね返さなければならないが、カンプ・ノウではチームを後押しするためスペクタクルなモザイクがスタンドに浮き上がることになる。

さらに今シーズン、FCバルセロナはカンプ・ノウでのチャンピオンズリーグの試合で圧倒的な強さをみせている。ここまで4試合消化で総得点は21、失点はわずか1(セルティック戦7−0、マンチェスター・シティ戦4−0、ボルシア・メンチェングラードバッハ戦4−0、PSG戦6−1)。4つの試合結果はいずれも今回の勝ち抜けにつながる。さらにロス・アスルグラナスは2012/13シーズンに4−0でACミランを下し勝ち抜けを決めており、カンプ・ノウでアッレグリ監督のチームに対し逆転勝利を飾った経験がある。歴史的な偉業を続けるためチームが新たな目標に向かって行くことは間違いない。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる