アンドレス・イニエスタ「三度目の国王杯は評価されるべきだろう」

アンドレス・イニエスタ「三度目の国王杯は評価されるべきだろう」

バルサのキャプテンは、決勝は「常に難しい」ものの、このタイトルを手にし、「国王杯と共にシーズンを終えるという使命を果たした」との感想を述べた

FCバルセロナのキャプテン、アンドレス・イニエスタ他、決勝で得点したパコ・アルカセル、長期負傷から復帰し、この試合に途中出場したアレイシ・ビダルなどがFCバルセロナがアラベスを下して(3-1)、29回目の国王杯優勝を手にした後にコメントしたその概要は、以下の通り。

アンドレス・イニエスタ

・決勝は決勝だ。常に難しいものだ。僕らが優勝候補だったとしても、この手の試合は常に難しいものだ

・僕らは満足している。なぜなら、国王杯を手にシーズンを終えるという目標が達成できたからだ。

・今回で、国王杯を僕らは3年連続で制覇しているのだから、それは評価 されるべきだ。

・(ルイス・エンリケは)とてもデリケートな時期にやってきた。その結果のバランスは、ポジティブ以上のものだったと思う

パコ・アルカセル

・最後にやってきたことがピッチ上に反映された。チームをゴールで助けるのは、大事なことだ。とても満足しているが、努力し続けなければならない。

・レオ・メッシとサッカーをする以上に素晴らしいことはない。彼と一緒にプレーできることを誇りに思うし、彼とプレーする時、彼がプレーを容易にしてくれるそれは、信じられないものだ。彼が世界一なのは、疑問の余地がない。

アレイシ・ビダル

・重要な負傷だったが、日々の頑張りが今日、数分を楽しむことを可能にしてくれた。偶然にも、僕が負傷した時と全く同じチームと同じ主審を前にプレーすることになった。

・シーズンの最中、つらいこともあった。そういった状況があった時、監督こそが僕を信頼してくれたが、負傷する運に見舞われてしまった。

・休みの間も、練習を続け、次の新監督に自分が使える選手だと認められるように頑張る。状況は変えることができると自ら、僕は証明したのだから。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる