バルベルデ「初日が来るのが待ちきれない」

バルベルデ「初日が来るのが待ちきれない」

FC バルセロナの新監督は、バルサのコーチとして初めてのインタビューをバルサTVの前に行なった。

FCバルセロナの新コーチ、エルネルト・バルベルデは、バルサのトップチームのコーチとして、初めてのインタビューに答えた。バルサTVの前に話したクラブ到着、印象、彼のサッカースタイル、チームのアイデンティティについて、様々は疑問に答えたバルベルデをこのハイライトインタビューから読み解いてみよう

最初の感触

「到着してから、すべてがとてもエネルギッシュな感じだ。あらゆることが、数時間にハイスピードで動いた。知っていたとはいえ、嵐に巻き込まれたような記者会見、入団発表などの渦中にいると、このクラブのスケールを肌で感じる」

「初日になって、トレーニングウェアを着て、練習を始めるのが待ちきれないほどだ。大事な一歩であることはわかっているし、その影響力も知っている。なぜなら、一足踏み出すことにそれに気づかされるからだ。大きな挑戦として、やる気に満ちて正面からぶつかるつもりだ」

「ひとつの時代に区切りをつけたかった。時にバルセロナのようなクラブが電話してくるためには、単にその監督が気に入っているというだけでなく、時期や瞬間と合致する必要がある。その意味で、適宜な時だった」

サッカーとの向き合い方

「監督である時、とてもエネルギッシュにサッカーを生きる以外の方法はない。なぜなら、ほかに費やす時間は全くないからだ」

「それぞれにチームを率いるやり方やプロとしての生き方がある。その後、自らが選んだ仕事が要求するものがあるが、それは情熱的で我々が大好きなことだ」

影響力

「その意味では、ホセ・マリア・アモロルトゥが、すべての根本となった。なぜなら、彼はすぐに、君は監督になるべきだ、と私に言ったからだ。私をアスレティックの下部組織から引き上げ、そこで私は成長した」

「私は偉大な監督に教えてもらうという信じられないほどの幸運を手にして着た。その後、同時に偉大な監督に囲まれている時代を生きることができた。クライフ、クレメンテ、ヘインクスから始まって、現在の監督、ルイス・エンリケやペップ・グアルディオラ、アンチェロッティといった監督までだ」

助手について

「ジョン・アスピアズは、私にとって、重要な助けとなっている。何年も、選手として、そして監督として一緒にロッカーを分かち合ってきて、彼への信頼は絶大なものだし、その助けは、私にとってかけがえのないものだ」

「ホセ・アントニオ・ポサンコは、そのスピリッツといい、選手への伝え方といい、自らへの要求度の強さといい、あらゆる意味で、基本となる人だ。彼は選手に近いが、同時にハードな仕事を要求する人だ」.

チームのアイデンティティ

「チームに監督の考えは、少し、反映される。常にチームスピリッツが要求される。それに人々は、自らを重ね、そこに信頼の余地を見出すからだ」

「システム?私はそれぞれのチームが持っているものに、適応してきた。考えを具現化するという意味で重要だが、チームの重鎮が快適にプレーできるようにうまく当てなければならない」

バルサの選手時代

「選手としての私は、FCバルセロナにとっての大きな補強ではなかった。それは、私自身が認めなければならない。膝の故障を抱えた状態でやってきて、回復がうまくいかず、再び、手術しなければならなくなった。その翌年には、恥骨を手術した。その後、私は、バルサからアスレティックに移籍することになった」

「私はここでは選手として成功しなかったことを認めなければならない。それは現実だからだ。大人になった今、時が過ぎて、私は別の見方を持っている」

自らへの要求度

「監督は、最終的に多くのすべきことがある。私自身に最も要求度が高いのは、我々、監督であることは、疑問の余地がないところだ」

「こういったすべてに向かい合うのは、常に挑戦だ。私たち、そして私に期待する多くの人々であふれ、クラブが私に信頼を置いてくれたことを思うと責任感を感じる」

 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる