カンプノウ、バルセロナとカンブリルズの犠牲者へ追悼

カンプノウ、バルセロナとカンブリルズの犠牲者へ追悼

バルサの選手は、ベティスの選手、ソシオ、サポーターと一体になり、バルセロナとカンブリルズのテロの犠牲者のために黙祷を捧げた

 2017/18年の開幕戦、FCバルセロナ対レアルベティスの試合は、結果とは別に記憶に残るものとなるだろう。この試合は、バルセロナとカンブリルズの町で起こった悲劇の追悼となった。世界中にショックを与えたテロの衝撃は、カンプノウにも反映していた。スタジアムからは、「僕らは怖くない」の声があがった。 

この日、ピッチでは、選手が自身の名前に変えて、バルセロナの名前が背中に輝く特別なユニフォームをまとい、スタンドのVIPゾーンには、このテロで亡くなった14人を象徴する席が設けられた他、今回のテロを通して生まれた無名のヒーロー、ボランティアの人々、メディカルサービス、州警察、町の警察、国家警察、そして各自がプロフェッショナリズムを示している市民の人々への敬意が表された。。

木曜日にテロが起きてから、クラブはその深い悲しみと憤りを表現し、犠牲者とその関係者へのサポートを表現してきた。カンプノウと練習場のフラッグは、追悼を表現し、下げられ、そこでプレーする全チームが喪章を腕に週末の試合に臨んだ。

バルサは ハッシュタグ#TotsSomBarcelonaを用いて、今回、ベティス戦の、ユニフォームでは、胸にその文字を入れた。

その様子をビデオでご覧ください。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる