=
バルセロナに捧げられるバルサの 2018/19年ユニフォーム

バルセロナに捧げられるバルサの 2018/19年ユニフォーム

1992年のバルセロナオリンピックのアイコンであるモンジュイックのプールで行われたイベントで発表されたバルサの来季の新ユニフォームの10本のストライプは、町の10地区を表現している。

バルサのトップチームが来季、2018/19年に身につけることになる第一ユニフォームの発表が、ジョセップ・マリア・バルトメウ会長及びバルセロナのアダ・コラウ市長と共に行われた。イベント会場となったモンジュイックの丘の市民プールは、1992年のバルセロナオリピックを代表する町の歴史のワンシーンとなった場所であり、その舞台が今日、来季の新ユニフォームを主役として再現された。ユニフォームのデザインは、バルセロナの町に捧げられ、10本の縦型ストライプが、バルセロナ市内の10箇所の地区、シウタ・ベジャ、エイシヤンプラー、サンツ/モンジュイック、ラス・コルツ、サリア-サン・ジェルバシ、オルタ-ギナルド、ノウ・バリス、サン・アンドレウ、サン・マルティを表現する形になっている。

イベントは、ボールが指揮をとる形でスタートし、そのスキルでフリースタイラーとして、スペインで4回チャンピオンになっているセルジ・マルティネスが、トランポリンからのエキシビジョンを披露した。最後にボールをプールへ放つと、2011年上海世界水泳選手権で銅メダルを受賞し、スペインでは8回王者となっているサラ・ヒホンを始めとし、アンバー・バッカー、アイリス・サンデ、アイリス・ブルンソ、チェニア・サンス、アイベット・エストラダー、シラ・カサノバ、バネッサ・リゴス、ラウラ・カノ、ライア・フィレジャから構成されたシンクロの10人の選手がそれを受けた。

シンクロナイズドスイミングの披露が終わると、スペシャルイベントとして、ダイビング選手としてスペイン王者を3回制覇しているアドリア・ガルシアがトランポリンに登り、プールに飛び込むと、 2018/19年の巨大新ユニフォームが現れ、ドローンによって 空中に浮かび上がった。ドライビングとバルセロナのスカイラインを背景に、25年前のオリンピックでのダイビングが、バルサのユニフォームと共に再生されたのだった。

アドリア・ガルシアのダイビングの後、シンクロナイズドスイミングの選手がボールの形を作った。プールサイドには、ユニフォームを来て、10地区を表現した10人が並んだが、そのうちの5人は、クラブのスポーツ選手で、トップチームのコウチーニョを始め、バルサ女子のレリア・オウアハビ、バルサBのオリオル・ブスケッツ、バルサユースのアレクシス・オルメド(あれビン A) とアイナ・ロマン (インファンティル-アレビン女子)が代表し、残りの5人は町を代表してバルサのソシオが主役となった。

続いて、ジョセップ・マリア・バルトメウ会長とアダ・コラウ市長がそれぞれ、挨拶を行ない、イベントのクロージングとなった。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる