ディエゴ・アルマンド・マラドーナ逝去

ディエゴ・アルマンド・マラドーナ逝去

アルゼンチン人の英雄は、1982 年から 198年にFCバルセロナに在籍し、75試合に参戦し、47ゴールをマークした

ディエゴ・アルマンド・マラドーナが逝去した。 FC バルセロナの選手として、1982 年から1984年まで在籍した。あらゆる時代を超えて、最高峰の選手の一人と考えられているアルゼンチンの英雄は、ブエノスアイレスの近くの町、ラヌスに1960年10月30日に生まれた。地元のストリート、地べたでボールに触れ始め、12歳の時、ロス・セボジータスの一員となった。1974年にアルヘンティーノス・ジュニオルスに入り、そこで1981年2月までに166試合に参戦し、116ゴールをマークした。 

家族を貧窮から救える時代のことだった。アルゼンチンのストライカーは、168センチの身長で、黄金の左足、リズムのチェンジ、スピード、そしてドリブルで魅了した。 1980-81 年のシーズン、ボカジュニルズから移籍し、リーガにやってきた。 FC バルセロナは、すでに彼の獲得の交渉を始めていたが、当時のアルゼンチンサッカー協会 (AFA) が反対し、82年のワールドカップが終わった後に延期された。

バラドーナ、バルサへ: 忘れられないスーパーゴール

1982 年の夏、ようやく、マラドーナがFCバルセロナへやってきた。バルサのユニフォームを身につけて、マラドーナは、天才的な選手であることを証明したが、彼へのマーキングは、完璧であり、その彼の持っている素晴らしいレベルを見せつけることができるのは、稀だった。その中には、 1982/83 年のカップウイナーズでレッドスターに決めたゴールや、とりわけ、マドリードのサポーターからの拍手が沸き起こったサンティアゴベルナベウでリーグカップで同じシーズンに決めたゴールなどがあげられる。

最初にバルサで、マラドーナに起きた真剣な挫折は、肝炎により、数ヶ月に渡り、完全休養を余儀なくされた時だった。彼がチームに戻ったのは、ウド・ラテックの解任、1983年3月のセサル・ルイス・メノッティ就任と重なり、宿敵、レアル・マドリードを前に、国王杯決勝、リーガ杯で2勝をあげ、シーズンを救った。 

バルサでの2度目のシーズン (1983/84)に、 マラドーナは、アスレティック・クラブの選手、アンドニ・ゴイコエチェアにより、足首を骨折する重症に見舞われた。アルゼンチン人選手は、リーガが終わる前に再び、姿をみせたが、バルサは、すでにタイトルを狙うことはできなかった。また、国王杯の決勝でも、アスレティック・クラブを前に負けを喫したが、その試合は、試合の終わりに両チームの選手同士で大きな暴動があったため、 "杖の決勝" と呼ばれた。

1984年まで、 マラドーナは 75試合をバルサのユニフォームと共に行、47ゴールを決めた。 バルサと共に1982-83年国王杯、1982-83年リーガ杯、 1983年スペインスーパー杯を制覇した。彼のクラブフロントの関係は、悪化し、1984年の国王杯決勝で負けた後に、ナポリへの移籍を強行し、そのイタリアでは、二回のリーグ優勝とUEFA 杯を1回、獲得する成功を収めた。

アルゼンチン代表の英雄

アルゼンチン代表と共に、86年のメキシコワールドカップを制覇したが、中でも、2得点を決めたイングランドとの試合は、1得点はハンドでマークしたことで、「神の手」として歴史に残った。もう一つの得点は、この大会史上、最高のゴールの一つと考えられている。  アルゼンチンがサブチャンピオンになった1990年のイタリアのワールドカップの後、 1992年6月30日まで、薬物の使用により、FIFAから処分を受けた。その後、セビージャに移籍したが、そのキャリアは短いものとなった。1993年にアルゼンチン人のニューウェールズオールドボーイズに電撃的に在籍した。1994年のアメリカワールドカップでは、復活するかと思われたが、再び、麻薬により陽性反応を出し、それが事実上、キャリアの終わりとなった。それでも、再び、 1995 年から1997年の間、ボカジュニオルズで再び、プレーした。完全に引退してから、マラドーナは、定期的に監督として勤め、アルゼンチン代表監督になった (2008-2010)。

 

Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ