FCバルセロナ、アンス・ファティの契約条件を向上し、延長サイン

FCバルセロナ、アンス・ファティの契約条件を向上し、延長サイン

選手の契約破棄金は、1億ユーロから1億7千万ユーロに引き上げられる

FCバルセロナは、アンス・ファティの契約内容を改善し、2022年6月30日までの契約とした他、2年間の延長拡大を含む形で、契約破棄金は、1億から1億7千万ユーロに引き上げる形で合意した。 

選手がトップチームの選手としてプロ契約をする際には、契約破棄金は、更に4億ユーロに引き上げられる。

今週の水曜日にFCバルセロナのオフィスにて、ジョセップ・マリア・バルトメウ会長及びプロフェッショナル育成担当布団とのシルビオ・エリアス、クラブCEOのオスカル・グラウと共に、契約更新は行われた。また、強化担当のエリック・アビダル、ラモン・プラネス、バルサBの強化担当ホセ・マリ・バケロも、出席した。

「マシアは世界一のスクール」

アンスマネ・ファティ (2002/10/31生) は、彗星の如く現れ、進歩をみせた。2012年にクラブにたった10歳でやってきたが、その成長は、数々の記録を破るものだった。16歳304日で、リーガでゴールを決め、バルサ史上最年少の選手となった。また、カンプノウで最年少でスタメンになった選手、チャンピオンズリーグの試合でプレーした最年少選手でもある。

その成長には、本人いわく、マシアが重要な役割を果たしたという。「マシアは、僕にとって世界一のスクールだ。ここにきた初日からずっと全ての面で僕を助けてくれた。僕はそこで働いている人たちにとても感謝している。全員がすばらしい」と話し、「初日から、全員から多くのことを学んできた。大変な時期も、いつも僕を助けてくれるためにいてくれた」と付け加えた。

アンス・ファティは、多くのマシアの少年の鏡だ。「最高峰の選手らと毎日練習できるのは、夢だし、ご褒美だ」と言うファティは、カンプノウでのデビュー、カンプノウでの初ゴールについても、温かい気持ちで振り返っている。「これからも、チャンスを手にし、楽しみ続けるために、今まで以上に頑張り続けていく。そうすれば、全てはついてくるだろう」とコメントしている。

Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ