国内リーグでも欧州でも首位

国内リーグでも欧州でも首位

バルサは、リーグでもチャンピオンズリーグでも首位に立っている4チームのうちの一つとなっている

イプルーアとエデン・アレナでの勝利により、バルサにとって良い1週間となった。エルネスト・バルベルデ監督が率いるチームは国内リーグと欧州大会でともに首位に立っている。同様の状態にあるのはパリ・サンジェルマン、ユベントス、アヤックスの3チームとなっている。

スラヴィア戦での勝ち点3獲得は、開始早々のメッシのゴール、そしてオウンゴールによる追加点によってもたらされた。プラハでの1–2勝利、そしてボルシア・ドルトムントがジュセッペ・メアッツァでインテル・ミラノに敗れた(2–0)ことで、ロス・アスルグラナスはチャンピオンズリーグのグループFで単独首位となった。バルサは3試合で勝ち点7。これに続くのはボルシアとインテルの勝ち点4、ドイツチームが2位となっている。

国内外での首位到達はメッシのピッチ復帰と時期が重なっている。アルゼンチン人クラックの役割は特にリーガの戦いぶりでカギとなってきており、チームは調子を上げ首位に到達している。アウェー、エイバル戦での0–3勝利はレアル・マドリードのマジョルカ戦黒星(1–0)と同じ日のことで、9節終了時点で19ポイント。ロス・ブランコスは1ポイント少ない状況で追っている。

バルサの首位までの推移
バルサの首位までの推移

PSGはほぼ完璧な数字

PSGはアウェーでブルージュにゴールラッシュを展開(0–5)、チャンピオンズリーグのグループAで首位の座を堅持している。パリのチームは全勝で勝ち点の取りこぼしがない。本拠地のパルク・デ・プランスでブルージュと戦う次節にも決勝トーナメント進出を決めることが可能となっている。リーガ1でも勝ち点24と手堅い戦いぶりで、2位のナントに5ポイント差をつけている。

好調なアヤックス

アムステルダムが本拠地のチームは今週、欧州初黒星を喫した。ジョルディ・クライフ・アレナでのチェルシー戦で0–1と敗戦。それでもアヤックスはグループHで勝ち点6でブルースと並んでいるものの、ゴールアベレージでトップを維持している。エールディビジでアヤックスは無敗を継続、勝ち点26で首位、PSVとフィテッセが勝ち点差3で続いている。

ユベントスは欧州で同率首位

イタリアチームはパウロ・ディバラの2ゴールによりロコモティフ・モスクワを2–1で退けた。これによりグループDでは勝ち点7でアトレティコ・マドリードと並んでトップタイに立っている。得失点差によりユベントスが1位という状況。セリエAでは8節を終了して7勝1分けの勝ち点22で首位につけている。

Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ