FC バルセロナとKONAMI、練習場で契約延長合意イベント開催

FC バルセロナとKONAMI、練習場で契約延長合意イベント開催

バルサとウイニングイレブンのビデオシリーズを生み出したデジタルエンターテイメント企業は、新たなるグローバルな合意に達し、今後4年間の契約延長で署名

FCバルセロナ及びバルサ財団の第一副会長ジョルディ・カルドネル氏は、ジョアン・ガンペル練習場にて行なわれたイベントに参加し、今後4年間にわたるデジタルエンターテイメント企業KONAMIとグローバルな合意に達し、新契約を更新したことを
祝った。カルドネル第一副会長は、FCバルセロナのユニフォームをコナミデジタルエンターテイメントB.V.のブランド&ビジネスディベロップメントシニアディレクター、ジョナス・ライガード氏に贈った。

練習場でのイベントは、レオ・メッシが主役となるeFootballウイニングイレブン2020の新エディションの発売と合わせて、火曜日に契約延長が発表された後に行なわれた。アルゼンチン人選手は、新スタンダードエディションの表紙となり、前回、前々回の表紙を飾ったチームメートのルイス・スアレス、フィリペ・コウチーニョの後を継ぐことになる。また、元バルサの選手、ロナウジーニョは、このブラジル人アイドルの唯一無二の3Dスキャンバージョンが含まれるレジェンドエディションで主演をはる。

バルサのグローバルパートナーとしての新たな合意により、KONAMIの広告は、カンプノウの内外で存在感を放つことになり、選手へのアクセス、試合当日のビシビリティ、ウイニングイレブン2020ゲーム内での唯一のスタジアム再現の権利を手にする。同様に、KONAMIは、FCバルセロナにとって「オフィシャルeスポーツフットボールビデオゲーミングパートナー」となり、今後、eスポーツイベントを企画する際の将来的な協力が望まれることになる。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる