ジョルディ・アルバ「このクラブで続けることは、いつも僕の夢だった」

ジョルディ・アルバ「このクラブで続けることは、いつも僕の夢だった」

バルサの18番は、5億ユーロの契約破棄金でクラブと合意し、新たに5年間の契約を更新した。

「このクラブで続けることは、いつも僕の夢だった」ジョルディ・アルバは、公式に契約更新にサインしたことを発表し、述べた。3月11日(月)にクラブ施設で、2024年6月30日まで、継続することで、クラブと正式にサインを行なった。クラブのトップチームで現在、7年目を迎えている左サイドバックは、これまでに282試合に参戦し、14ゴールをマークし、14タイトルを手にしている。

 

クラブのジョルディ・メストレ副会長は、記者会見で、「バルサファンにとってとても幸せな日だ」と話し、アルバを「世界一のサイドバック」だと表現した。

一方、アルバは、家族に付き添われ、「クラブ、会長、フロントの全員に深く感謝している」と謝辞を述べ、「僕はキャリアにおいて、最高の時を過ごしているし、ずっとここで続けていくのが僕の目標だった」と話した。

「家族の援助とクラブ、チームメートからの信頼を受け、僕はより、頑張るし、自身をケアしていく。みんなのおかげで、最高のレベルでプレーすることができる」と周囲の援助にあらためて感謝し、より、多くのタイトルに向けて野心を示した。

また、サポーターに向かって、「僕はいつもファンのサポートを受けてきたし、彼らは僕に更新して欲しいと望んでくれた」ことを加え、「リヨン戦に向けて、試合中に応援してくれる彼らも試合を戦うことになる」「必ず、彼らは試合に勝つのを助けてくれる」とメッセージを送った。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる