Xavi

監督

1200x750-xavi
ラ・マシアから FCバルセロナのベンチへ  バルサの伝説的MFは、トップチームの手綱を取るためにホームに戻ってきた

1980年1月25日、タラサ(カタルーニャ)に生まれ、2021年11月にFCバルセロナのトップチームの選手になった。これにより、FCバルセロナにおける第二時代に入った。最初の章は、成功に終わった。24年間続き、アレビンAからトップチームまでバルセロナのユニフォームを守り続けた。その後、バルサを離れ、アルーサッドへ移籍した。この中東での経験を経て、チャビはホームへ帰ってくることになった。

全ては、1991/92年に始まった。バルサの育成サッカー、アレビンAカテゴリーにやってきて、プレーポジションを見出し、中盤を自らのものにし、そこでFCバルセロナ史上の名誉あるポジションを手にした。トップチームに、ルイス・フアンハールの手により、1998年の夏にあがってから、チャビは、中盤のスタメンとして、実に17シーズンを過ごした。そのパフォーマンスは、常に非常に高いもので、それは制覇した25タイトルに反映されている。

中盤において、常にボールを足元においたインテリジェンスあふれるセンセーショナルなプレーで魅了した後、バルサのキャプテンは、ドーハに移った。アルーサッドの選手としての経験が、中東のチームのベンチを率いることを招いた。2年半もの間、試合を重ね、勝利とタイトルを監督として重ねてきた。トータルで、7タイトルを手にすることになった。

この7タイトルを持ち上げ、勝利を手にした統計データもさることながら、タラサ出身の伝説的ミッドフィルダーは、カタールのチームにバルサのプレー哲学を染み込ませた。ディフェンスからのポゼッションの構築、スピーディなパスのコンビネーションプレー、対戦相手のミリメーターの隙を見つける術など、バルサのDNAあふれるメンタリティによって構築されたそのプレースタイルが、今度は、彼の人生におけるチーム、バルサにやってくることになる。

出生地
Terrassa (Catalunya)
生年月日
25/01/1980
記事を閉じる

関連 関連コンテンツ