アルトゥール移籍で合意

アルトゥール移籍で合意

ミッドフィルダーは、契約破棄金4億ユーロで、今後、6年間、バルサに所属する。

FC バルセロナグレミオ・デ・ポルト・アレグレは、今年、3月に両クラブ間で合意に達していたアルトゥール・ヘンリケ・ラモス・デ・オリベイラ・メロの買取オプションを行使することで、合意した。この合意により、ブラジル人選手は、ただちにチームに合流することになる。

移籍金は、3100万ユーロで、状況に応じて9百万ユーロが加算される。選手は、ここから先、2023/24年まで、6シーズンの間、契約をクラブと結び、契約破棄金は、4億ユーロに設定される。

アルトゥール・ヘンリケ・ラモス・デ・オリベイラ・メロのトップチーム新加入選手としての入団発表スケジュールは、近々、発表される。

中盤のチームワークプレーに長けた才能

1996年8月12日に、ブラジルのゴイアナに生まれた、本名アルトゥール・エンリケ・ラモス・デ・オリベイラ・メロ、通称アルトゥールは、特にパスの能力に傑出しているミッドフィルダーだ。アルトゥールのその才能は、本国ブラジルのグレミオで証明されており、ブラジルカップ、リベルタドーレスを制覇している。また、ブラジルのU17 及びU20代表でもプレーし、A代表にも既に何度か招集されているが、まだデビューには至っていない。その代表では、やはり、バルサの選手のコウチーニョがプレーしている。

アルトゥールは、ボールタッチとチームプレーを好む選手であり、中盤でチームメートとトライアングルを作る能力に秀でており、また、相手から抜け出す能力にも長け、ライバルのエリアに近い位置で危険を生み出すことができる。172センチの身長を持つブラジル人選手は、ボールキープにも優れ、最終地点でのラストパスにも、定評がある。

ブラジル人選手は、そのキャリアを2008年にゴイアス・スポルトゥ・クラブにて、スタートし、 i2010年にポルトアレグレのグレミオに移った。アルトゥールは、ルイス・フェリペ・スコラーリの元、トップチームに引き上げられた。少しずつ、チームで頭角を現し、2017年のリベルタドーレス杯では、 アルゼンチンのラヌスを前に戦った決勝のセカンドレグで、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる