マッチレポート: FCバルセロナーユベントス

マッチレポート: FCバルセロナーユベントス

前半にダブルゴールを決めたネイマールの活躍が鍵となり、バルベルデの率いるバルサはプレシーズン初戦を制し、ネイマールは、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。

ネイマールJr がFCバルセロナがアメリカツアーで行った初戦、ユベントスとの対戦でのスター選手となった。前半に2得点を決めたネイマールのゴールのおかげで、その後、後半、チェリーニがユベントスに1点を返したものの、そのまま、スコアは、2-1から変わらず、エルネスト・バルベルデが率いるバルサは、プレシーズンの初戦で初勝利(2-1)をあげた。

今季から、プレミアムパートナーとなったRakutenの新しいユニフォームのお目見えであり、また、エルネスト・バルベルデが指揮をとる最初の試合といった見所のある初戦は、得点を決めたネイマールJrだけでなく、リオネル・メッシがそのキレを見せて、前半から、この二人組が82,104人のサポーターの前で、その技を惜しみなく披露した。その攻撃に、年齢を知らない経験豊かなブフォンもかなわず、ゴールを許すことになった。メッシがPKエリアのそばから、放ったフリーキックは、わずかにゴール枠を捉えなかった。.

バルサのトリデンテの3人目、類ス・スアレスは、スタメン出場はしなかったものの、後半から入った。バルベルデは、後半から、オルトラ、マルロン、セルヒオ、デニス、アルダ、スアレス、セメド、アレニャ、ジョルディ・アルバ、セルジ・ロベルト、ユムティティを投入し、ニュージャージーでの初戦を率いた。

前半を 2–0で折り返したバルサは、後半にチェリーニに1点返されたものの、そこから、スコアは変わることなく、2-1 でバルサは試合を収めた。また、前半に2得点を入れる活躍をしたネイマールJrが、試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。

次のインターナショナルチャンピオンズカップは、今月27日にマンチェスターユナイテッドを前に行われる。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる