ジュール・クンデについて知っておくべき10のこと

ジュール・クンデについて知っておくべき10のこと

バルサの新加入選手は、この10年でセビージャから移籍してきた5人目の選手となる

ジュール・クンデ FCバルセロナ の新加入選手となった。続けて、バルサの新選手について興味深い10のことを見ていこう。

1) ジュール・クンデは、フランスが最初のW杯を制した数ヶ月後の1998年11月12日にパリで生まれた。 現在のバルサのチームの中で、唯一の1998年生まれだ。

2) ブルドーのFCジロンダンで、 2018年1月7日、フランス杯のグランヴィール戦 でプロデビューを果たした。

3) ジュール・クンデは、2017/18 年、FCジロンダン・ボルドーで、マルティン・ブライスバイテと共に過ごしている。

4) ボルドーでは、そのほかにも、バルサ関係の選手、元バルサのマルコムやセルジ・パレンシアともロッカールームを分かち合っていた。また、ユスフ・サバリ(ベティス)やチュメアニ(レアル・マドリード)も、元同僚だ。

5)  2019年の夏、 クンデは、2500万ユーロの移籍金で、セビージャとサインを交わした。フランス人選手は、現在まで、セビージャのクラブ史上最高移籍金だ。

6) クンデは、最近10年でセビージャからバルサにやってきた5人目の選手だ。その前にやってきたのは、イバン・ラキティッチ、アレイシ・ビダル、クレメント・ラングレ、ルーク・デ・ヨングだ。

7) 10年前から、多くの選手がセビージャからバルサにやってきている。リカルド・セルナ、ナンド、ダニ・アウベス、アドリアーノ、セイドウ・ケイタなどがいる。

8) セビージャからやってきたわけではないが、バルサとセビージャの両方でプレーした選手には、ロベルト・プロシネツキ、ハビエル・サビオラ、ジェラルド・デウロフェウ、デニス。スアレス、サンドロ・ラミレス、ムニル・エル・ハダジなどがいる。

9) クンデは、 バルサでプレーすることになる 26人目のフランス人選手だ。 最近、やってきたのは、サミュエル・ウムティティ、ウスマン・デンベレ、クレメント・ラングレ、トディボ、アントワーヌ・グリーズマンなどがいる。

10) また、フランス人センターバックのリストも、これにより長くなることになる。ローレン・ブランク、フレデリック・デウー、フィリップ・クリスタンヴァル、リリアン・トゥラム、サミュエル・ユムティティなどがいる。

Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ