エルネスト・バルベルデ、契約終了で合意

エルネスト・バルベルデ、契約終了で合意

エルネスト・バルベルデは、2年半、チームを率いた後、FCバルセロナを離れることになった。

FCバルセロナとエルネスト・バルベルデは、双方において、契約を終了することで合意に達した。 

クラブは、エルネスト・バルベルデのプロフェッショナリズム、コミットメント、献身さ、バルサファミリーを形成する、常に前向きで、親密なその対応に、公に深い感謝を示し、今後の幸運と成功を心から願うものである。

バルサの監督として163試合 

エルネスト・バルベルデは、FCバルセロナのトップチームの監督として、公式戦163試合を率いた。その内訳は、勝利108 (66.25%)、引き分け 35  (21.47%) 、敗戦 20  (12.26%)試合であり、その間、監督として、4回、優勝杯を持ち上げた。リーガタイトル2回、国王杯、スペインスーパー杯が各1回を制覇した。

2017年の夏、アスレティック・クラブ・デ・ビルバオを4シーズン率いた後、FCバルセロナのコーチとしてスタートした。デビュー戦となったスペインスーパー杯では、レアル・マドリードに黒星を喫したものの、シーズンの終わりには、リーガ、国王杯と二冠を制覇した。国王杯の決勝では、セビージャをワンダ・メトロポリタノで下したが、その一方で、チャンピオンズリーグにおいては、ローマでベスト8で敗退した。

FC バルセロナでの2年目は、モロッコのタンジェで行われたセビージャを前にしたスペインスーパー杯で勝利をあげて、スタートを切った。リーガも、カンプノウで行われたレバンテ戦で、数字的に優勝を手にした。シーズンの最終局面で、二回、失望する出来事があった。リバプールを前にチャンピオンズリーグの準決勝で敗退したこと、セビージャでプレーしたバレンシアとの国王杯決勝での黒星だった。

今季、 2019/20年、バルサは、リーガの前半を首位で折り返しー勝ち点ではレアル・マドリードと並んでー、チャンピオンズリーグの16強進出も果たしているものの、先週、アトレティコ・デ・マドリードを前に行なったスペインスーパー杯準決勝で負けを喫した。

Valverde.
Valverde.
Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ