fcb.portal.reset.password

セルティック・パークでの試合(0−2)のあと、FCバルセロナの選手たちは決勝トーナメント進出を決めたあと、バルセロナへ戻るためグラスゴーの空港に向かった。そこではアウェー試合ではよくあることながら多くのファンが選手たちを間近で見届けようと集まっていた。

気持ちの高ぶりとともに、彼らは目の前を通り過ぎて行く選手たちやルイス・エンリケの名前を呼んで行った。まず監督、続いてテア・シュテーゲン、さらにアルダ・トゥランがサインをして行った。そこで突然子供たちが特別な反応をみせた。そこに現れたのはネイマールJr、メッシ、そしてルイス・スアレスだった。3選手も少年たちの前に立ち止まりサインをしたほか、まだおどろきを隠せない少年たちとともに記念写真に収まった。アイドルを目の前にした少年たちの顔は一見の価値あり。それは間違いなく幸福感に包まれた表情だった。

上に戻る