fcb.portal.reset.password

バルサ・レジェンドは、ベイルートにて、先週の日曜日、現在のトップチームが制したのと同じスコア、つまり、3-2でレアルマドリードのベテラン勢を金曜日の夜に制した。

2008年にクラブを去ってから、初めて再び、バルサのユニフォームに袖を通したロナウジーニョが、周囲から多くの注目を浴びたが、その期待は裏切られることはなかった。誰もがブラジル人選手のマジックを思い起こし、実際、バルサが決めた3ゴールのアシスト全てを放った。最初のルドビッチ・ジュリへのパスは、ボールを見ることもせずに出してみせた。まさに2006年のチャンピオンズリーグでミランを前に決めたゴールのクローンのようだった。

カミール・シャムーンスタジアムで、38.134人の観衆が、試合を楽しんだ。バルサは、最初、試合を支配していたが、フェルナンド・サンスがコーナーキックから 試合を対等にもっていき、前半45 分間、アンゴイは多くの仕事に追われた。

その後、ロナウジーニョがこの日の2ゴール目をお膳立てした。シマオが最もエレガントなやり方でゴールを決めた。まるで2000/01年にカンプノウで、レアルマドリードを前に2-0で勝利を得た時のことを思い起こしたかのようだった。

後半、レアルマドリードはアンゴイの守るゴールに向かって反撃に出たが、再び、ゴールを決めたのはバルサだった。それも再び、ロナウジーニョのマジックのおかげだった。ジュリに出したスペクタクルなパスをポテンシャルあふれるシュートに変えたジュリのゴールが、スコアを3-1にした。スタンドはこの日の試合のアトラクションだったロナウジーニョに大きな拍手を送った。試合が終わる6分前にアンゴイに変わって入ったグスマンのゴールをハビ・ゲレロが破った。残りわずかな時間に、監督のバケロは、ルイス・ガルシアとフリオ・サリーナスをピッチへ送った。

それ以上、試合は残っていず、バルサ・レジェンドは、レアルマドリード・レジェンダを前にクラシコを制した。ロナウジーニョが再び、FCバルセロナのユニフォームを着たこの試合で、誰もが期待したように、ロナウジーニョはスターであり、試合の主役となった。だが、ロナウジーニョのみならず、浴びダル、ゴイコチェア、ナダル、ザンブロッタ、エジミウソン、ダービッツ、メンディエタなど数々の選手の姿を見ることができた。次回のバルサ・レジェンドの試合は、カンプノウにて6月30日に行われ、その際の対戦相手は、マンチェスターユナイテッドになる。

上に戻る