fcb.portal.reset.password

FCバルセロナは、火曜日にニューヨークに新オフィスをオープンした。パークアベニュー250番地の20階にて行なわれたイベントは、クラブの代表として、ジョセップ・マリア・バルトメウ会長を始めとする一行の他、ロナウディーニョが主役となった。ブラジル人クラックは、バルサがアメリカで決める最初のゴールを小さなゴールマウスに決めて、象徴となる初ゴールをマークし、クラブがこの国で新しい一歩を踏み出し、新たな工商業チャンスを求めると同時に、社会面、互助連携(ソリダリティ)面を知らしめることを目的に開いたオフィスに華を添えた。 

このイベントには、バルトメウ会長他、ジョルディ・カルドネル第一副会長、ジョルディ・メストレ、マネル・アロジョ副会長及び女子サッカー選手のリーネ・ロディック・ハンセンも参加した。また、MLSのコミッショナー、ドン・ガーバー、スペインにおけるアメリカ大使館のハメス・コストス大使も出席した。

'FCBLovesNY'、ウエルカムビデオ

およそ30人ものゲストが、オフィスのメインホールを埋め尽くした。そこでは、トップチームの選手がニューヨークに挨拶を行なうビデオが放映され、また、同時にバルサをニューヨークに迎えるウエルカムビデオの意味合いもあるものだった。

このイベントに厳選されて招かれた元選手には、ウリスト・ストイチコフ、ダビッド・ビジャもおり、また、アメリカにおけるスペインリーグのアンバサダーを務めるラウル・ゴンサレス、著名な心臓専門医バレンティン・フスター、神経科医ジョセップ・バセルガ氏も出席した。

このイベントの後、クラブの一行は、ローズベルとホテルの屋上にあり、素晴らしい景色に恵まれているレストラン Mad 46に場所を移して、カクテルパーティを行なった。

250 m2 のバルサスペースと独自のスタッフ

マンハッタンの心臓の一つ、パークアベニュー250番地の20階に250平方メートルの広さを持ち、HSBC銀行の本社が入っているニューヨークで非常に有名な建物の中に入っている。この大都市の最も歴史的なホテル、ザ・ウォルドルフ・アストリアから、たった3区画の場所にある。

非常に機能的な作りに設計されているオフィスは、数分感で変化させることができ、様々なイベントに対応できるデザインとなっている。このオフィスの目的は、サッカーの息吹が感じられ、かつ、現代的な雰囲気の中で、新たな商業ビジネスの取引が行なわれる企業スペースを作ることになる。また、ちょっとしたイベントを行なったり、重要な試合を観戦したり、ソシオのアテンドを行なうなど、様々な目的に応じて使用できるマルチ機能的スペースを目指している。

目的: コマーシャル、ソーシャル、相互互助の拡大

今回の新オフィスのオープニングは、FCバルセロナ会長とフロントによる戦略的決定であり、バルサの国際的な知名度をあげる一撃となり、また、新たな収入源を求めるにあたり、必要だと考えられている。 2016-2021年にかけて、クラブの戦略計画において、2021年には10億ユーロの収益に到達することを目指している。

ニューヨークへ上陸することで、この市場でのアクションを起こし、更に2014年にオープンした香港のブランチと連携し、アジアマーケットのマネージングも行なう予定だ。クラブの商業活動は、これにより、1週間に7日間24時間フルで機能することになる。 

社会面、ソリダリティ(相互互助)の面でも、この新ブランチでの仕事が行なわれる。その意味で、アメリカ合衆国におけるFCバルセロナ財団の存在感も増すことになり、また、新しいペニャを活性化も行なわれる。

ジョセップ・マリア・バルトメウ会長コメント

「今日、バルサは、世界に向けて発進を行なう新時代をスタートします。このニューヨークオフィスのオープンは、商業面のみならず、社会面、ソリダリティをも求めて行くという目的で、このフロントがストラテジー的決定を下したものです」

「私達は、バルサがどうなっていくのか、どこに向かって行くのかを世界へ拡大していきたい。私達は、地球上で最もグローバルで、最も愛される存在になることを目指しています。この新オフィスの開設と2年前に開設した香港オフィスで、FCバルセロナは、現在、1週間24時間、稼働していると言えます」

アメリカメディア、 MLSとミーティング

オフィシャルなオープニングの前に、バルトメウ会長とマネル・アロジョ副会長は、アメリカのジャーナリストと会合を持ち、アメリカの新オフィス設立に至ったクラブのストラテジー、海外に向けての拡大となるキーエリアであることなどを約1時間に渡って説明した。

ジャーナリストの中には、ニューヨークタイムズ、ウォールストリートジャーナル、タイムマガジン、AP通信、ブーメランやアメリカのスポーツビジネスエリアで著名なスポーツビジネスジャーナルなどの代表が含まれていた。

その直後に、バルトメウ会長は、MLSのコミッショナー、ドン・ガーバーとの会合を持ち、アメリカ合衆国におけるスポーツプロモーションの話題について話し合った。


上に戻る