fcb.portal.reset.password

 

FCバルセロナが日曜、フェイスブックでの「いいね」の数で1億の壁を突破し、世界中で尊敬され愛されているスポーツクラブの地位をより確かなものにした。これは、2015-2021年の戦略計画の通りだ。

このスペクタクルな数字とともに、クラブは最近数年のスポーツ界において、その他のサッカークラブや米国プロスポーツチームと比較しても、デジタル社会の中で象徴的な存在となっている。

この数字の凄まじさは、例えば、最大収容人数が9万8000人のカンプ・ノウを1000回に渡り満員にして、初めてこの数のファンが全員、スタジアムに収容できる数字ということになる。また、スタジアムに1億人のファンがいるということは、国レベルで例えると、それは世界中で14番目に多い人口数となり、エジプト、ドイツ、トルコ、英国などよりも人口が多い計算となる。

クラブがフェイスブックページを開設した2009年10月から、その発展はとどまることなく、その間のバルサのスポーツ面での成功と共に成長を遂げてきた。実際、PSG戦の歴史的な逆転劇のよる効果で、ここ数週間で、急速な成長を促し、メッシがファンと共に勝利を祝うシーンは、バルサの公式フェイスブックに掲載された中での、最視聴コンテンツとなった。2017年3月8日以来、バルサの公式チャンネルには、360万人のフォロワーが新たに加わっている。

バルサはフェイスブック、ソーシャルサイトでの活動を積極的に推進。カンプ・ノウでの試合を世界各地で体験できる試みを行っており、ユーザーは18億6000万人を抱えている。

国別でバルサのファンが多いのはインドネシア、メキシコ、ブラジル。これに続きエジプト、インド、米国となっている。上述の1億人のほか、クラブはその他のプロスポーツセクション、クラブ財団、マシア、ファンクラブ、女子チームの公式ページを通じて世界中のファンにメッセージを送っている。

フェイスブックのみならず、バルサは、世界中のフォロワー数でも群を抜いている。インスタグラムでは5000万人のファン獲得まであと少しのところに来ており、ツイッターではクラブすべての公式アカウントを合計すると4100万人以上、Youtubeでは約300万人のフォロワーがいる。

すべての公式チャンネルを合計すると、すべてのインターネット、ソーシャルサイト上で、FCバルセロナは、世界中の2億8000万人のファンと共に歩みを進めている。

上に戻る