fcb.portal.reset.password

横浜にてアントニオ・デ・ラ・クルス FOTO: MIGUEL RUIZ- FCB.

・日本サッカー史におけるバルサ

 日本にプロとしてのJリーグが発足したのが、1993年5月15日。2013年に、20周年を迎えるが、当時は、野球、ゴルフ、相撲の三大スポーツに加え、若者に圧倒的な支持を受けての開幕だった。そのJリーグ初期の盛り上げには、FCバルセロナにゆかりの深い選手や監督も尽力し、Jリーグの発展に貢献し、日本サッカー史に足跡を残した。

・カルラス・レシャックカルロス・レシャック

1947年1月13日 バルセロナ生まれ。

愛称は、チャーリー。カンプノウが家から見えるベドラルベスに生まれ、12歳の時にはFCバルセロナに入団し、44年間に渡ってFCバルセロナの人生を捧げた、まさにFCバルセロナの歩く歴史であり、そのカリスマ性に誰もが一目を置く人物である。

トップチームの選手として17年間過ごしたが、決してスタメンから外れることがなかった。71年には得点王も手にしている。81年に34歳で引退した後は、監督の道を歩み、ドリームチーム時代にクライフがチームを率いていた時期は、その第二監督を務め、クライフとは8年間を共に過ごしている。

98年から、Jリーグの1部である横浜フリューゲルスに監督として就任。後にも先にも、FCバルセロナを離れたのは、この日本行きのみである。当時のフリューゲルスにバルサのように選手をユースから育てるシステムを構築しようとしたほか、3-4-3システムの導入など、新しいスタイルを試みたものの、任期の途中で成績不振から辞任した。その翌年、フリューゲルスは横浜マリノスと合併し、消滅した。

日本からの帰国後、再び、FCバルセロナに戻り、ルイス・フアンハールが率いるトップチームのコーチスタッフとして務める。また、レオ・メッシの入団テストの際も、当時、ユースのコーチをしていたカルロス・レシャックが立ち会っており、メッシがボールを操るのを見てすぐに、その才能を見抜き、なんでもいいから紙にサインさせろ、というので、近くにあった紙ナプキンに契約する旨をサインさせた逸話は有名である。


 ・アントニオ・デ・ラ・クルス

1947年5月7日 レオン生まれ

70年、グラナダFCでトップチームデビューを飾った後、FCバルセロナに移籍。有数の左サイドバックとして活躍した。1972年から79年まで7年間、在籍したFCバルセロナでは、スタメンの座を譲ることがなかった。ヨハン・クライフが選手としてFCバルセロナでプレーしていた時のチームメートである。

FCバルセロナで引退し、その後、監督の道を選んだ。1997年に横浜マリノスの監督になったハビエル・アスカルゴルタの第二監督として、日本へ行き、Jリーグの貢献に尽くした。当時の横浜マリノスには、フリオ・サリーナス、ゴイコエチェアなど、スペイン人選手もいた。翌年、アスカルゴルタの辞任を受けて、マリノスの第一監督に就任。99年まで采配を振るった。2002年、ルイス・フアンハールが率いるFCバルセロナのトップチームのコーチスタッフとなり、2003年にフアンハールが解任された後は、後釜にラドミール・アンティッチが決まるまで、第一監督としてチームを率いた。

その後も、日本人の青少年を相手にサッカーキャンプを定期的に行なうなど、日本との懸け橋的活動を続けていた。

2012年まで―年間の間、バルサTVの解説者として協力していたが、2012年夏から、日本にトーニョ・フットボール・アカデミーを開校。再び、日本サッカーのために尽力している。

・フリオ・サリーナスフリオ・サリーナス

1962年9月11日 ビルバオ生まれ

アスレティック・デ・ビルバオのユースで育ち、82年、20歳の時にビルバオでデビューを果たしている。86年、アトレティコ・デ・マドリードへ移籍。Aマドリードで4シーズンを過ごした後、FCバルセロナへ移籍。当時、ヨハン・クライフが率いていたドリームチームの一員となり、グアルディオラ、エウセビオ、クーマン、ストイチコフ、スビサレッタ、ベギリンスタインなどと共にロッカールームを分かち合う。94年にラ・コルーニャに移籍し、その翌年にはレアル・スポルティング・デ・ヒホンへ移籍。ヒホンで2年間過ごした後、97年に当時、横浜マリノスの監督をしていたハビエル・アスカルゴルタに呼ばれて、横浜マリノスへ移籍。滞在期間は1年間だったが、47試合中34得点をマーク。また、8試合連続得点記録を達成しており、この記録は、いまだにJリーグでは破られていない。

日本滞在中に生まれた息子は、日本国籍を持っている。

横浜マリノス退団後、99年1月にデポルティーボ・デ・アラベスに移籍し、そこで1年半過ごした後、引退。

合計で17シーズンをトップチームで過ごし、スペインリーグでは152ゴールをマークした。リーガでの年間最高得点数は、バルセロナ在籍当時の98‐99年。

スペイン代表では、56試合に出場し、ワールドカップにも三度にわたり参戦。ハットトリックを含む22ゴールをマークした。

選手として引退した現在は、テレビ、ラジオ、新聞など複数のマスメディアでコメンテーターとして活躍中である。日本のサッカー雑誌、ワールドサッカーダイジェストにも、不定期に協力している。

 ・ウリスト・ストイチコフ

1966年2月8日 プロフディフ(ブルガリア)生まれ

ブルガリアの2部リーグでデビューし、80年代のブルガリアリーグの中心選手となった。1985年にCSKAソフィアに移籍し、4シーズン続けてリーグ優勝を果たした後、FCバルセロナに移籍する。当時のFCバルセロナは、ヨハン・クライフがトップチームを率いていたが、行儀がよすぎる選手が多いロッカーチームに、「このチームには、‘bad boy’が必要だ」と話し、その結果、ストイチコフを補強した話は有名である。

当時のバルサは、ドリームチームと呼ばれ、ロナウド・クーマン、ジョセップ・グアルディオラなどと共にウリスト・ストイチコフはその中心的役割を果たした。バルサに来た後も、リーグ優勝4回、チャンピオンズリーグ前身の欧州カップ、スペインスーパーカップ、国王杯など、数々のタイトルを制覇した。その豪快で陽気な性格ゆえに、バルサファンに非常に愛された選手だった。その後、95年にイタリアのパルマに移籍したが、96年にバルサに復帰し、98年に再び、CSKAソフィアに戻ってから、更にサウジアラビアでもプレーし、その後、98-99年にかけて2年間、Jリーグの柏レイソルに在籍した。

柏レイソルでは、28試合に出場し、13ゴールをマークする記録を残した。その後、アメリカに渡り、2003年にDCユナイテッドで選手として引退し、その後は、指導者の道を歩んでいる。ブルガリア代表監督、セルタ・デ・ビゴのクラブ監督などを経て、現在は、ブルガリアリーグのリテックス・ロヴェチを率いている。

アンドニ・ゴイコエチェア

1965年10月21日 パンプローナ(スペイン生まれ)

‘ゴイコ’の愛称で呼ばれた90年を代表するスペイン人選手。右サイド及び右サイドバックでプレーし、当時、そのポジションにおいて、最高峰の選手と呼ばれた。

19歳の時に、オサスナでトップチームデビューを果たす。100試合をオサスナでこなし、20ゴールをマークした後、FCバルセロナに移籍。だが、移籍後、2年間、レアルソシエダにレンタル移籍し、それから戻ってきた後は、ドリームチームの一員として活躍。4年間、在籍したFCバルセロナでは、あらゆるタイトルを総なめにした。また、その在籍期間、ゴイコエチェアは常にスタメンであった。バルサでは126試合に出場し、6ゴールを記録し、チャンピオンズリーグの前身であり、FCバルセロナが初めて制覇した欧州杯でもスタメンでプレーし、優勝杯を持ち上げた。

94年のシーズンを終えて、ゴイコエチェアはアスレティック・デ・ビルバオに移籍。ビルバオで92試合に参戦した後、97年に32歳でJリーグの横浜マリノスに移籍した。マリノスでは、ドリーム時代の同僚、フリオ・サリーナスとも再び、チームメートと再会し、チームメートとしてプレーした。横浜マリノスを去った後、2部だったオサスナに再び、戻って、そこで選手として引退し、その後は指導者としてサッカー界に関わり続けている。2009-2010年には、ヘレスCDを率いたクスコ・ジガンダの第二コーチを務めている。

チキ・ベギリンスタイン

Txiki

1964年8月12日 オラベリア生まれ

バスク出身のチキ・ベギリンスタインは、16歳でレアル・ソシエダに入団し、1982年にトップチームでデビュー。レアル・ソシエダでは、6シーズンを過ごし、86‐87年には国王杯を獲得した。当時のレアル・ソシエダには、ベギリンスタインのほかに、ホセ・マリア・バケーロ、ルイス・ロペス・レカルテなど、優秀な選手を数多く抱えており、88年にベギリスタインと共に、バケーロ、レカルテが揃ってFCバルセロナに移籍したことが当時、大きな話題になった。移籍時期は、ヨハン・クライフがFCバルセロナの監督として到着するのと重なっており、ベギリンスタインは、ドリームチームのメンバーとして活躍し、バルセロナの在籍期間は、6年間に渡った。その後、デポルティーボ・デ・ラ・コルーニャに移籍し、2年間、プレーした後、Jリーグの浦和レッズに移籍。レッズでは76試合に出場し、19得点をマークした。当時のレッズの監督、原博実(現在、日本サッカー協会技術委員長)氏とは、今でも親交が深い。99年に浦和レッズでプロとして引退した。その後は、コメンテーターとしてメディアで働いていたが、2003年、ジョアン・ラポルタと共にFCバルセロナに復帰し、強化担当として2010年まで務めた。2012年10月末から、マンチェスターシティの強化担当に就任した。

上に戻る