史上初記録: 9回連続国王杯準決勝進出

史上初記録: 9回連続国王杯準決勝進出

セビージャを前に驚異的な逆転劇をみせたバルサは、過去に誰も達成していない9年連続準決勝進出を果たした

過去に例のない歴史的快挙。FCバルセロナが、セビージャを前に感動的な逆転劇(6-1)を絵tんかいし、9回連続で国王杯準決勝への進出を果たした。バルサが国王杯キングと呼ばれる理由が、統計データに裏付けられた。こんなに長い期間、この大会でレベルを維持したチームは、他に例がない。8年連続で準決勝進出を果たした昨年、すでに新記録を達成したのだが、その記録をさらに2年連続で伸ばした形だ。これに続く記録は、やはり、バルサ(1924 年から 1930年) とバレンシア  (1940 年から 1946年)が分けあっている。

1924年から1930年の間のバルサは、クラブ史上の黄金期だ。GKプラティコ、MFサンチョ、ビセンテ・ピエラやアタッカー、パウリノ・アルカンタラ、サミティエル、アロチャなど、伝説的選手からチームが編成されており、バルサは、その時から、国王杯の歴史に名前を刻み始めたのだった。この中で、プラティコ、ピエラ、サミティエルは、7回の国王杯準決勝の全部に参戦している。また、サミティエル、アルカンタラ、アロチャは、リオネル・メッシ同様に、国王杯でのゴールランキングトップに名前を連ねている。

2010/11年から、準決勝進出

ジョセップ・グアルディオラが率いた2010/11から、国王杯の記録が始まったその当時から残っている顔ぶれには、ジェラルド・ピケ、セルヒオ、レオ・メッシがいる。FCバルセロナは、国王杯でのこの記録を、ペップ・グアルディオラ、ティト・ビラノバ、タタ・マリアノ、ルイス・エンリケ、エルネスト・バルベルデと5人の異なる監督下で続けてきている。

また、この記録を作りながら、バルサは 2012、2015、2016、2017、2018年と5回、国王杯のタイトルを制覇している。

 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる