リーガで32試合連続ゴール

リーガで32試合連続ゴール

チームがこの記録を手にしたのは、2011/12 年、 2013/14年のクラブ史上二回しかない。

モンティリビでジローナを前に決めたゴール(0-2)で、バルサは、リーガでのアウェー戦において、32試合連続でゴールを決めるという新たな記録を手にした。

チームは、この記録を 2016/17年33節 にサンティアゴ・ベルナベウで2-3の勝利を手にしてから、スタートし、ここまでリーガの全アウェー戦でゴールをマークしている。 2016/17年のシーズンの全アウェイ戦から、 2017/18年を通して、現在、2018/19年までこの記録を更新し続けている。

この期間、バルサの選手は、21勝8分2敗、56 得点21失点の成績を手にしている。

このマイルストーンにおけるハイライトには、リーガで、最初に訪問したモンティビリでの試合(0-3)やワンダメトロポリタノでのドロー(1-1)なども含まれ、2017/18年にレバンテに破れるまで(5-4)、アウェイ43試合で無敗を誇った記録も含まれている。

グアルディオラ、ビラノバ、マルティノ

これらの32試合連続アウェーゴール達成の前記録は、2012年2月11日にジョセップ・グアルディオラが率いていたチームから、2013年9月28日まで、ヘラルド・タタ・マルティノが引き継いだチームであり、その当時の成績の内訳は、25勝4分3敗87得点35失点だった。

 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる