フレンキー・デ・ヨングについて、知っておくべき10のこと

フレンキー・デ・ヨングについて、知っておくべき10のこと

7月1日からFCバルセロナの新選手となるフレンキーの起源や様々な興味深い事柄について知ろう!
  1. フレンキー・デ・ヨング  は、1997年5月12日に生まれた。バルサのボビー・ロブソンがヨーロッパのカップウイナーズカップを制覇する二日前のことだった。バルサは、オランダのチーム(ロッテルダム)を制して優勝を果たした。

  2. 生まれ故郷は、アルケルであり、オランダの南部にある住民4000人以下の小さな村だ。

  3. 興味深いことに、バルサの歴史を変えた選手の移籍から、ちょうど30年と1日過ぎた日の発表となった。1989年1月22日は、ロナウド・クーマンがバルサと契約書のサインを交わした日だ。

  4. そのロナウド・クーマンが1992年ウェンブリーでのゴールをマークし、現在、彼がプレーするオレンジ軍団、オランダ代表監督だ。

  5. デ・ヨングの名字は、オランダでは、最もよくある名字の一つであり、 2007年に国全体でこの名字の登録数は、90.000 だった。この名字は、若さを表現する ‘ヤング’の意味だ。

  6. フレンキー・デ・ヨングは、バルサ史上、20人目のオランダ人選手となる。

  7. フレンキーと同じ名字の有名選手は、ルーク・デ・ヨング (PSV)、ニゲル・デ・ヨング  (Al-Ahli)、シエム・デ・ヨング (シドニーFC)など、他にもいる。

  8. アヤックスでのデビュー戦は、彼が育てて貰ったチーム、ウイレムIIが対戦相手であり、2016年当時、デ・ヨングは、19歳だった。

  9. FCバルセロナの新選手は、7月1日から、アヤックスでつけていた背番号21番をつけることになる。

  10. 最も好きなことの一つが旅行だ。音楽も好きで、ビデオゲームで楽しむのも好きだ。 
Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ