バルサ、デ・ヨングとサイン

バルサ、デ・ヨングとサイン

FCバルセロナの新たなミッドフィルダーは、アヤックスからやってくるポリバレンス性に長けた選手だ

FC バルセロナとアヤックスは、フレンキー・デ・ヨングの移籍について、2019年7月1日から、バルサに入団することで合意に達した。

移籍金は、7500万ユーロにバリエーションとして、1100万ユーロが加えられる形となる。選手のクラブとの契約期間は、5年間、2023/24年のシーズンまでの契約にサインすることになる。

ジョセップ・マリア・バルトメウ会長及びオスカル・グラウCEOが、アムステルダムにてこの交渉を締結する役割を担った。

ポリバレンス性に長けた選手

1997年5月5日に アルケル(オランダ)で生まれたフレンキー・デ・ヨングは、ヨーロッパで最もその将来性が期待されているミッドフィルダーの一人だ。21歳の若さで、デ・ヨングは、そのポリバレンス性、プレービジョン、ラストパスの精度等を証明し、FCバルセロナでやってくる。

オランダ人選手は、ヴィレムIIのユースカテゴリーで育ち、そこで1シーズンを過ごした。アヤックスの目に留まり、2015年に移籍。アムステルダムのチームは、プレー時間を稼がせるために、故郷のクラブチームにレンタル移籍させた。そのレンタル期間が終わった後、デ・ヨングは、アヤックスに戻り、ジュピラーリーグのアヤックスBの中盤でリーダーシップをとった。

その一年後には、トップチームにも招集されるようになり、2017年のアヤックス対マンユナイテッドのヨーロッパリーグの最後の数分で、プレーするに至った。オランダ人選手のアムステルダムでの存在感は増していき、必要不可欠な選手へと成長を遂げた。

右利きで一対一のスキルに優れるフレンキー・デ・ヨングは、攻守のミッドフィルダーとしても、トップ下としても、プレーできる。そのプレービジョンとパスの精度の高さが、プレーをクリエイトする際のキープレーヤーとなる。

バルサにやってきたオランダ人選手は、1973年にやってきたヨハン・クライフ、クーマン、クライファート、フランク・デ・ブールから、ジャスパー・シレッセンまで数多くいるが、そのリストの最後にフレンキーは、名前を連ねることになる。

firma-de-jong-7 2
firma-de-jong-7 2
Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ