プリンス: バルサとの対戦8試合 ... そしてスーパーゴール2発

プリンス: バルサとの対戦8試合 ... そしてスーパーゴール2発

ドイツ-ガーナ人選手は、彼の新チームとなるバルサとの対戦で、笑顔と涙を見せている。

ケヴィン=プリンス・ボアテングは、これから、FCバルセロナのユニフォームを身につけることになる。過去のキャリアを通して、ボアテングは、バルサと8回対戦したことがある。6回は、ACミランの選手として、2回はUDラス・パルマスの選手としてだ。

初めてボアテングがバルサと対戦した時は、カンプノウで負傷を経験している。バルサとAC ミランが 2011/12年、チャンピオンズリーグで対戦した才に、前半、 33分にピッチから退散することになった。試合は、2-2で終わった。

グループリーグで重なったミランとの試合で、ボアテングは、FCバルセロナに最初のゴールをマークした。ジョセップ・グアルディオラの率いていたチームは、試合を2-3で制したものの、このドイツ−ガーナ人選手は、そのスペクタクルなゴールで強い印象を残したのだった。そのコントールは、純粋に才能と呼ぶ以外、ない。

そのシーズン、ACミランとFCバルセロナは、チャンピオンズリーグのベスト8で再び、対戦することになった。試合は、0-0 と 3-1で終わり、バルサが進出を果たした。ボアテングは、毎回、後半で 交代となった。

バルサの逆転

運命は、再び、2012/13年のシーズンに繰り返されることになった。AC ミランとの16強第一レグで、バルサは、 再び、ケヴィン=プリンス・ボアテングのゴールにより、2-0 で負けを喫することになった。カンプノウでの 偉大な夜、ジョルディ・ロウラの率いたチームは、4-0 で試合を制し、ボアテングにとっては悲しく、バルサにとっては幸せな夜になった。

FOTO 2 - 2013-03-12 FC BARCELONA - AC MILAN - 037-Optimized
FOTO 2 - 2013-03-12 FC BARCELONA - AC MILAN - 037-Optimized

ボアテングがバルサと対戦した最後の2試合は、UDラス・パルマスの選手としてであり、2016/17.年のシーズンのことだった。この二試合は、バルサが前期の試合で 5-0、後期の試合では1-4で制するゴールリサイタルに終わった。両試合で、ドイツーガーナ人選手は、90分の出場を果たしている。

Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ