トディボについて知っておくべき 11のこと

トディボについて知っておくべき 11のこと

彼の出身は?指針としてきたのは?その他、バルサの新加入選手を知ろう!

1)南アメリカに位置しているギュイヤンヌ・フランセーズ県の首都、カイエンヌ生まれ。バルサ・ラッサのバスケットプレーヤー、ケビン・セラフィンも、同郷だ。

2)  2018年8月19日、ジロンディンス・ド・ボルドー戦でデビューした試合では、試合終了後にスタンドのサポーターから、拍手が起きた。

3) FCバルセロナの百周年記念日の1日後にあたる1999年12月30日に生まれた。

4) プロとして決めた最初で、今のところ、唯一のゴールを9月30日のレンヌ戦で決めている。

5) 1947 年にパリに近いサン・デニスに創設されたサッカークラブ、FCレ・リラ93の下部組織で育った。

6) 現在、トゥールーズでは、背番号 '33'番を背負っているが、スペインリーグ1部では、背番号は、1番から25番までの間から選ぶ必要がある。 

7) 8歳の時に、車に引かれ、サッカーを放棄する寸前だった。歩いていたところを車で引かれ、腓骨から足首まで複数の骨折をおった。

8) ユースカテゴリーでは、キャプテンを担い、守備的ミッドフィルダーとしてプレーしていたが、トゥールーズのトップチームでデビューしてからは、センターバックとしてプレーしている。

9)ジャン=クレール・トディボは、FCバルセロナにおける22人目のフランス人選手となる。

10) FCバルセロナとトゥールーズの両方でプレーしたことのある選手は、エケランとジェレミー・マテューのみだ。

11) トディボが、過去に指針として何度かあげている選手は、ミッドフィルダーとしてのピルロ、センターバックとしてのティアゴ・シルバ。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる