新年初試合: 昨年に続く勝利を目指して

新年初試合: 昨年に続く勝利を目指して

バルサの選手は、2019年初試合をマドリードでヘタフェを相手に行なう

 FCバルセロナの新年は、難しいスタジアム、アルフォンソ・ペレスでヘタフェを相手にスタートする。目標は、昨年を終えた時と同様に、勝利でスタートすることにある。今日は、スペインでは東方の三博士が贈り物を持ってやってくる特別な日だ。勝利という贈り物がやってくることを願い、バルベルデの率いるチームは、試合に臨む。

FCバルセロナは、首位を守っているリーガで、再び、勝利を目指す。この試合を逃してはいけない理由は、下記から。

対戦相手

最多得点アタッカー: モリーナ (5 ゴール).

監督: ホセ・ボルダラス・ヒメネス

順位: 7位 6勝7分4敗

知っておくべきこと

- FCバルセロナは、コリセウム・アルフォンソ・ペレスでリーガにおいて、最も多くの勝利を収めているチーム(9回)だ。

- バルベルデの率いるチームは、最近13シーズン中年明けの試合で負けたのは、一回だけだ。内訳は、7勝5分1敗。

- バルサは、マドリードのチームを前に行なったリーガで6試合中5試合を無失点で終えている。

- リオネル・メッシは、ヘタフェを前に行なった最近の15試合で12ゴールを決めている。また、最近、3年連続でリーガにおいて、年明けの試合でゴールをマークしている。

- バルサは、リーガにおいてアウェーの試合で、最近の30試合欠かさずにゴールを決めており、アウェーチームとしての連続最高記録まで、あと、2試合と迫っている (32 試合)

- FCバルセロナがコリセウムで勝利をあげた9回のうち、8回はリーガ優勝を制覇して終わっている。

- エルネスト・バルベルデは、ヘタフェを前にリーガで17回、戦っており、そのうち、13回で勝利をあげている。バルサの監督は、その記録を伸ばしていきたいと考えているものの、「ヘタフェは厳しいプレスをかけてくるタフなチームだ。欧州ゾーンを狙って戦っているだけに、やりにくく難しい試合になるだろう」と前日記者会見で語っている。

- ヘタフェは、2018年を勝ち点57とトップカテゴリーで過去2番目の勝ち点数で終え、良い感触を手に、バルサを迎えることになる。また、ヘタフェは、ヨーロッパの主要リーグの中で、今季、最もホームで失点の少ない5チームのうちの1チーム(4失点)。

-最も最近、ヘタフェと対戦した際、バルサは、ドロー (カンプノウで0-0)止まりだった。逆にコリセウム・アルフォンソ・ペレスでの試合は、先制されたものの、デニス、パウリーニョのゴールで逆転勝利を収めている。 

 

バルベルデの招集リスト

マドリードを訪問する選手の招集リストのニュースは、ムリージョが初招集されたことだ。FCバルセロナに到着して以来、初試合となる。マウコムとセルジ・ロベルトが負傷のリハビリが終わったことを告げられ、リスト入り。一方で、負傷欠場は、ラフィーニャ、サンペル、ユムティティ、フェルマーレン、また、ムニルは監督判断による欠場となる。よって、今回のマドリード遠征に招集の19人は、下記の通り: テア・シュテーゲン、ネルソン・ セメド、ピケ、ラキティッチ、セルヒオ、デニス・スアレス、コウチーニョ、アルトゥール、スアレス、メッシ、ウスマン・デンベレ、シレッセン、マウコム、ラングレ、ムリージョ、ジョルディ・アルバ、 セルジ・ ロベルト、アレニャ、ビダル

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる