バルサ – セルタ戦: 最高のクリスマスプレゼント (2-0)

バルサ – セルタ戦: 最高のクリスマスプレゼント (2-0)

デンベレとメッシのゴールで、バルサは2018年最後の試合を有終の美で飾った。

FCバルセロナは、カンプノウでセルタ・デ・ビゴ (2-0) を破り、2018年最後の試合を終えた。昨季、ホームで勝利を手にできなかったバルベルデ監督は、今季、その借りを返し、首位で年越しすることになった。i

デンベレのゴール10

今年最後のゲームとなるリーガ17節のゴールは、デンベレのゴールでスタートした。前半10分、ジョルディ・アルバのボールを受けて、メッシがシュートも、ルベン・ブランコがクリアしたそのクリアボールをすばやく受けたデンベレが、この日、最初のゴールを沈めた。デンベレにとって、今季、10得点目をカンプノウで決めた。

前半45分、レオ・メッシが今回は、アルバからのゴールをミスすることなく、今季、15得点目となるゴールをマークして、スコアを広げた。バルサのANDをメッシが見せつけて、バルサは、前半を2-0で折り返すことになった。

デンベレに拍手

後半になっても、バルサは攻撃の手を緩めることがなかった。後半15分には、スアレスが放ったシュートがポストをかすり、その5分には、メッシがゴールラインを破る寸前だったが、ルベン・ブランコがセルタへの失点を防いだ。

後半から、バルベルデ監督は、ビダル、デンベレに変えて、アルトゥール、コウチーニョを投入した。デンベレがピッチから去る時は、スタンドから大きな拍手が起きた。

 後半27分には、ベルトランがセルタに1点を返す寸前も、テア・シュテーゲンが死守した。セルタは、点差を縮めようと試みたが、バルサからボールを奪うことはできなかった。

試合が、2-0で続く中、後半39分、バルベルデ監督は、今年最後の交代を行い、セルヒオに変えて、カルラス・アレニャを投入し、交代枠を使い切った。試合終了前に、フリーキックチャンスがあり、メッシが放ったFKはわずかに枠を外れ、ゴールにならなかった。

首位で年越し

バルサは、今年最後の試合を2-0の勝利で終え、スタンドのサポーターに最高のクリスマスプレゼントを送った。選手は、グラウンドから、スタンドの観客へと拍手を送り、年末年始をリーガの首位で迎えるという目標を叶えて、2018年最後の試合を終えた。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる