三度目のクラブワールドカップ制覇

三度目のクラブワールドカップ制覇

3年前の今日、バルサは三度目のクラブワールドカップを横浜で制覇した。

今から、ちょうど3年前、FCバルセロナは、日本で、クラブ史上、三度目となるクラブワールドカップをリバープレートを制して、手にした。

現地時間19時半から、横浜の日産スタジアムでリバープレート対FCバルセロナのクラブワールドカップ決勝が行われた。

ルイス・エンリケの率いるチームは、メッシ、スアレス、ネイマールの頭文字をとって、MSNと名付けられた3トップ、中盤は、キャプテンのアンドレス・イニエスタが指揮をとるチームで、試合に臨んだ。

前半36分、イニエスタのアシストを受けたメッシが待望の先制点をマーク。0-1で前半を折り返し、後半4分には、ルイス・スアレスが追加点を決め、更に後半23分には、スアレスが3点目をマーク。0-3とスコアを伸ばし、一方で、クラウディオ・ブラボが、チームに失点を許さず、試合は、0-3とバルサが堂々の勝利を収めることになった。

この大会を通して、最多の5得点を獲得したスアレスがゴールデンボール、更にシルバーボールをメッシ、ブロンズボールをイニエスタが受賞し、フェアプレー賞もバルサが獲得するなど、大会の賞を総なめにし、そのプレイ内容と実力で、FCバルセロナは、三度目のクラブワールドカップを制覇し、日本のサッカーファンを魅了したのだった。

 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる