RCDエスパニョール - FCバルセロナ: メッシがもたらしたラビアンローズ (0-4)

RCDエスパニョール - FCバルセロナ: メッシがもたらしたラビアンローズ (0-4)

メッシが決めたスペクタクルなフリーキックとデンベレ、スアレスのゴールで、バルサはダービー戦を制して首位の座を守った。

RCDEスタジアムで行われた今シーズンの最初のリーガでのバルセロナダービーは、精彩を放ったレオ・メッシがフリーキックから決めた2ゴールとデンベレ、スアレスのゴールで、バルサが堂々と試合を制し、また、メッシはリーガの最多得点王に躍り出た

ゴールフェスティバルの前半

国王杯16強進出をゆっくりと祝う暇もなく、行われたリーガ15節、エスパニョールのホームで行われたバルセロナダービーに、エルネスト・バルベルデ監督は、メッシ、ルイス・スアレス、デンベレ、アルトゥーロ・ビダルをスタメンに投入する攻撃的布陣で臨んだ。

両者互角に戦い合う激しいゲームのバランスを崩したのは、バルサのキャプテンだった。前半18分、フリーキックチャンスを得たメッシが、放ったシュートは、エスパニョールのディフェンダーの頭上を越え、ディエゴ・ロペスの手が届かない唯一のスペース、右上のコーナーに吸い込まれた。勢いに乗ったバルサは、前半26分、デンベレが、エリア外から見事なゴールを突き刺し、追加点をマーク、スコアを0-2に伸ばした。デンベレは、今季、6点目のゴールとなった。

前半35分、36分には、ルイス・スアレス、ラキティッチ、メッシが次々とシュートを放ったものの、奇跡的に枠を捉えることができなかったが、前半終了間際の45分に、スアレスがディエゴ・ロペスの足元を抜いて、3点目を決め、0-3で前半を折り返した。

再び、メッシのFK

0-3とリードしたバルサは、後半、ゲームのリズムが落ちたが、そんな中で、後半19分、再び、フリーキックチャンスを手にしたメッシが、この日、二度目のフリーキックを突き刺し、スコアを0-4に伸ばした。後半28分、エスパニョールがゴールを決めるも、VARで検証した結果、オフサイド判定となった。後半、バルベルデは、コウチーニョ、ムニル、デニス・スアレスと投入し、交代枠を使い切り、最後まで攻撃の手を緩めず、試合を完全にコントロールした。

バルサは、0-4と敵地でのバルセロナダービーを制し、リーガ首位の座を守った。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる