ラフィーニャ、手術は成功、6ヶ月離脱

ラフィーニャ、手術は成功、6ヶ月離脱

バルサの’12’番の左膝十字靭帯の手術は、無事、成功に終わった。

トップチームの選手、ラフィーニャは、本日、左膝十字靭帯の手術を行なった。クラブの担当医が見守る中、ラモン・クガット医師により、行われた手術は無事、成功に終わった。離脱期間は、約6ヶ月となる。

ラフィーニャは、ワンダ・メトロポリタノで行われた試合中に違和感を感じ、この負傷が発覚した。今季は、リーガ4試合、チャンピオンズリーグ2試合、スペインスーパー杯に参戦していた。

ブラジル人選手がこういった重症の負傷に苦しむのは、初めてではなく、ローマとの対戦で2015年9月に前十字靭帯を負傷し、やはり、202日間、ピッチから離れていたことがある。その際は、右膝だった。

2017年4月2日のグラナダ戦で、再び、不運が訪れ、その際は、右膝の半月板を負傷し、関節鏡手術を行ない、290日間、ピッチから離脱していた。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる