FC バルセロナ vs ビジャレアル: マシアパワーの勝利 (2-0)

FC バルセロナ vs ビジャレアル: マシアパワーの勝利 (2-0)

ジェラルド・ピケとカルラス・アレニャの決めたゴールが、ビジャレアルを前に貴重な勝ち点をもたらした。

再び、勝ち点3がバルサに戻ってきた。FCバルセロナは、カンプノウでリーガ14節を戦い、アトレティコ、ベティスと二戦続けて勝利をあげられずにいた流れを断ち切り、ジェラルド・ピケとカルラス・アレニャのゴールで、試合を2-0で制した。

チャンピオンズリーグを終え、また、三日後には国王杯を迎え、更に多くの負傷者を抱えているエルネスト・バルベルデが、ビジャレアルで起用したスタメンは、下記の通り。

前半、大活躍をみせたデンベレが放ったセンタリングを受けたピケが、前半35分、ヘディングでシュートを押し込み、4日間で2得点目を決め、チームをリードさせて、前半を終えた。

アレニャのゴールデビュー

通常どおり、メッシも精彩を放ち、アビダル、デンベレもチャンスメイクをするも、バルサは得点を加えることができなかった。一方、ビジャレアルは、後半、同点弾を決めるチャンスもあったが、殆ど、テア・シュテーゲンのゴールは脅かされることはないまま、試合は進んだ。後半25分、バルベルデは、アビダルに変えて、アレニャをピッチに投入した。更に35分には、コウチーニョに変えて、マウコムも投入したその2分後、メッシのプレーを受けたアレニャが、ディフェンダーの裏をかき、アセンホのゴールに突き刺し、試合の決定弾となる2-0を決めた。

このゴールで、バルサは勝ち点3を手にして、暫定首位に返り咲いた。水曜日には、国王杯でクルトゥラル・レオネサを迎え、来週末にはエスパニョールのホームで、バルセロナダービーを戦うことになる。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる