FC バルセロナ - ベティス: カンプノウ無敗記録破れる (3-4)

FC バルセロナ - ベティス: カンプノウ無敗記録破れる (3-4)

2年以上、続いたカンプノウでのリーガにおける無敗記録は、ジュニオル、ホアキン、ロ・セルソ、カナレスが決めたゴールで勝利をもたらしたベティスを前に破れることになった。

カンプノウで行われたリーガ12節FCバルセロナーレアル・ベティス戦で、バルサは、2年ぶりにカンプノウでのリーガの試合で破れることになった。最後にリーガのホームゲームでバルサが破れたのは、2016年9月のアラベス戦以来であり、ジュニオル、ホアキン、ロ・セルソ、カナレスが決めたゴールで勝利をもたらしたベティスを前に3-4で無敗記録は、破れることになった。とはいえ、バルサは勝ち点24点で、リーガ首位の座をキープし続けている。

メッシの復帰、ベティスのリード

この試合で、メッシがキャプテン章を腕に巻き、3週間ぶりにピッチに立ち、スタメン復帰を果たした。

前半20分、ジュニオルがベティスに先制点をもたらした。25分には、メッシのアシストを受けたアルトゥールが同点弾を決める寸前も、パウ・ロペスがクリア。その後、前半33分に、ホアキンがベティスに追加点をマークし、バルサは、ハーフタイムを0-2とリードされて、迎えることになった。

数的不利、メッシのダブルゴールも

バルベルデ監督は、この状況を打破すべく、後半、アルトゥールに変えて、アルトゥーロ・ビダルを投入。そのビダルが後半の笛がなってすぐにパウ・ロペスの守るゴールマウスを攻めに行き、スタンドは、拍手で湧いた。後半3分には、メッシがシュートも、わずかに枠をとらえなかった。最初の5分間でバルサは4回ものシュートを放ち、前半の結果をひっくり返そうというバルサの強い意志が感じられるスタートとなった。後半10分、バルベルデ監督が二人目の交代に、ムニルを投入。後半21分、メッシがPKを沈めて、バルサが1点を返した。だが、その4分後、ロ・セルソがベティスに追加点を入れ、再び、点差を広げた。

バルベルデ監督は、カルラス・アレニャも投入し、交代枠を使い切り、最後まで粘った。後半34分には、アルトゥーロ・ビダルが追加点を決め、スコアは2-3となったが、その直後、ラキティッチが退場となり、バルサは数的不利な状態で戦うことになった。

後半38分、セルヒオ・カナレスがベティスに4点目を決めた後、セティエン監督は、後半41分に、ロ・セルソに変えて乾を投入した。後半43分、ピケがシュートも、スコアは変わらず、アディショナルタイム4分が加えられた。

その時間にアルトゥーロ・ビダルのアシストから、メッシがこの日、二度目のゴールを決め、スコアを3-4にしたものの、 勝ち点をあげることはできなかった。カンプノウは、今季初黒星を手にすることになった。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる