メッシ抜きでのバルサ – インテル戦、前例

メッシ抜きでのバルサ – インテル戦、前例

アルゼンチン人クラックは、2009年のグループリーグで、両者が対決した時、左足のハムストリングを痛め、欠場していた前例がある。

 

レオ・メッシは、セビージャとの対戦中に負傷し、3週間、離脱する予定のため、インテル・デ・ミランとの試合を欠場することになる。バルサのキャプテンは、現在、リハビリを行っているが、実は、過去にも、2009年、チャンピオンズリーグでのグループリーグでインテルと対戦した時も、試合に出場していなかった。その時の試合は、カンプノウのサミュエル・エトーの復帰線でもあり、バルサは、ホームで試合を2-0で制したのだった。

その際は、ジョセップ・グアルディオラが率いたチームは、勝ち点9点がとれる可能性があったうちの5点しか手にしていず、3試合でたった1勝しかしていないという難しい状況におかれていた。更にピッチにレオ・メッシが不在という状況だったが、試合が始まって最初の10分に、ジェラルド・ピケが先制点をあげ、前半26分には、ダニ・アウベスのセンタリングを受けたペドロがシュートを突き刺し、スコアを2-0 に変え、最終的に勝利をもたらしたのだった。

 

似たような前例

偶然とはいえ、2009年の当時、同じ週に、FCバルセロナは、カンプノウにインテル・デ・ミラン、そしてレアル・マドリードを迎えたが、それから9年後、今回、同じことが起きることになった。9年前、リオネル・メッシがクラシコに参戦できた点が異なっているとはいえ、当時の前例が、バルセロニズムに楽観をもたらしている。9年前、バルサは、その2試合を制し、レアル・マドリードとの対戦は、ズラタン・イブラヒモビッチのゴールで勝利をあげたのだった。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる