FC バルセロナ - インテル・デ・ミラン: 3発3中 (2-0)

FC バルセロナ - インテル・デ・ミラン: 3発3中 (2-0)

前半にラフィーニャ、後半にジョルディ・アルバが決めたゴールが、イタリア勢を前にバルサに勝ち点3をもたらし、3試合を全部制したバルサは、首位に踊り出た。

カンプノウで行われたチャンピオンズリーグ3節、FCバルセロナ対インテル・デ・ミランの対戦は、前半のラフィーニャ、後半のジョルディ・アルバのゴールで、試合を2-0と制し、バルサは、「死のグループ」で首位に躍り出た。

右腕負傷によるメッシ不在で臨んだインテルとの対戦に、エルネスト・バルベルデ監督は、ラフィーニャを投入することを決定。ラフィーニャにとっては、今季、チャンピオンズリーグでの初スタメンとなった。

そのラフィーニャが先制点を決めることになった。その前に、前半17分、ラングレがヘディングで、前半27分には、スアレスからラフィーニャがシュートを放ったが、いずれもハンダノヴィッチに止められた。 待望の先制点は、前半32分に訪れた。再び、スアレスが送ったアシストパスを今回は、ラフィーニャがきっちりと突き刺した。古巣を前に先制点をマークしたラフィーニャは、対戦相手に敬意を評し、大げさに祝うことを避けたが、勝ち点3に近づける貴重な先制点を手に、バルサは僅差リードでハーフタイムを迎えた。

後半、インテルはカンドレヴァにかけて、ポリターノを投入。攻撃の手を緩めず、テア・シュテーゲンが再び、冴えたセービングでインテルの得点を阻んだ。 バルサは、後半20分に、スアレスがFKから限りなくゴールに近いシュートを放ち、その後も、コウチーニョのシュートがポストに弾けるなど、アグレッシブに攻め続けたが、その度にインテルの守備に阻まれることになった。

後半26分には、ラフィーニャに変わってセメドが、後半32分には、アルトゥールに変わって、ビダルが入った。後半37分、待望の追加点が、この日、チャンピオンズリーグの公式戦50試合目を迎えたジョルディ・アルバの足元から生まれた。

スコアを2-0 に変えた後、後半42分に、バルベルデ監督は、コウチーニョに代えて、ムニルを投入。アルトゥール、ムニル、コウチーニョの全員が一丸となり、バルサは、最後まで攻撃し続け、86290人の埋まったスタジアムは、バルサのエキシビジョンに沸いた。バルサは、メッシ不在でのインテルとの対戦という最初の難関をチームワークで乗り越え、グループリーグでの3戦3勝を果たし、グループ内首位の座を手にして、週末のクラシコを待ち受ける。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる