メッシ、3週間の負傷

メッシ、3週間の負傷

バルサの‘10’ 番は、1ゴール1アシストを決めた後、負傷し、6試合を欠場することになる。

トップチームの選手、レオ・メッシに行われた検査の結果、右腕の橈骨(とうこつ)に骨折が認められた。離脱期間は、約3週間となる。

セビージャとの対戦で快勝(4-2)を収めたバルサだが、試合は、朗報のみで終わらなかった。この試合で、レオ・メッシは、前半26分にグラウンドの中央で起きた不運なアクションの結果、負傷し、ピッチから退くことになった。メッシは、ピッチに倒れた際に右肘を打ちつけた。その前にコウチーニョが決めた先制点のアシストを送り、自身もゴールを決め、この日の勝利に貢献してから、ピッチを退くことになった。

6試合欠場の可能性

もし、見込み通り、3週間、離脱することになった場合、バルサの ‘10’ 番は、インテル戦 (10月24日)、レアル・マドリード戦  (10月28日)、クルトゥラル・レオネサ戦  (10月31日 )、ラヨ戦  (11月3日 )、インテル戦 (11月6日 ) 及びベティス戦  (11月11日 )の6試合(リーガ3試合、チャンピオンズリーグ2試合、国王杯1試合)を欠場することになる可能性がある。この予定でいけば、メッシが再び、ピッチに立つのは、11月24日の アトレティコ - バルサ戦となる。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる