アンドレス・イニエスタに憧れて— アルトゥール・メロ

アンドレス・イニエスタに憧れて— アルトゥール・メロ

今年、バルサに加入したミッドフィルダーがビデオ The Players’ Tribune (選手のトリビューン)で語ったイニエスタへの憧れとそのストーリー

イニエスタみたいになりたかった少年は、イニエスタから、その背番号を引き継ぐことになった。これは、そんなアルトゥール・メロのストーリーだ。

「選手のトリビューン」のビデオの中で、今年、FCバルセロナで初シーズンを過ごしているアルトゥールは、少年の頃の思い出を語っている。

現在、22歳のブラジル人選手は、背番号を8番をつけていたバルサの元キャプテンー現在は、日本のヴィッセル神戸に移籍しているー、12歳でマシアに入り、バルサのトップチームまであがってきたアンドレス・イニエスタに憧れて、そのプレーを真似したものだった。「彼の回転の仕方やプレー中の頭脳プレーなどを追うようになったんだ。あらゆる攻撃につながるプレーは、彼の足元を通って生まれていた」から、「家のパティオで、イニエスタがやっていたプレーをよくやってみたものだった。ファーストタッチでボールを回転させたり、あらゆる動きをコピーしたよ」と明かした。

「ミッドフィルダーとして、彼は長い間、ベストプレーヤーであり続けた」イニエスタに憧れていた少年は、成長し、そして、夏にバルサと契約を交わすことになり、イニエスタのつけていた背番号をつけたいかどうかを聞かれたのだ。「正直、背番号にこだわったことはなかった。グレミオでは29番をつけていたしね。バルサでプレーするためなら、どんな背番号でも僕にはよかった。それが偶然、8番があいて、それをつけることになったんだ」。

フルインタビューは、下記をクリック!

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる