日本でバルサアカデミー4校目開校

日本でバルサアカデミー4校目開校

日本で4校目となるバルサアカデミーは、東京の品川大井町でオープン

日本におけるFCバルセロナの存在は、大きくなる一方だ。先週末、土曜日に開校した東京の品川大井町校は、日本でのバルサアカデミー4校目であり、Rakutenの支援を受け、総合スポーツエンターテイメント施設、スポル品川大井町にて、4歳から14歳までを対象とした子ども達がバルサメソッドのもと、サッカーを学ぶことにができる。

バルサアカデミー品川大井町校のディレクターであり、日本におけるバルサアカデミーのヘッドであるヘスス・アルマンサは、「このオープニングは、インターナショナルバルサアカデミーのファミリーにとって、非常に重要性のあることだと言える。日本における4校目をオープンするという夢が現実となった。その最新施設が首都の中心地にあることを鑑みればなおさらだ。我々は、この国での成長、バルサブランドの拡大、バルサメソッド、その価値観などを日本で大きく助けるものになると確信している」と述べた。

最も幼い子ども達を対象に最初のセッションが週末にあり、また、子ども達の両親とのミーティングも設けられた。世界中にあるバルサアカデミーのプロジェクトについて、リーグ方式、メソッドのモデル向上と改善、スポーツプログラムについての説明が行われた。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる