スアレスのウルグアイを前にアルゼンチンに勝利をもたらしたメッシ

スアレスのウルグアイを前にアルゼンチンに勝利をもたらしたメッシ

アルゼンチン人クラックは、代表で唯一の得点を決め、アルゼンチンに勝利をもたらした。一方、ネイマールJrも、ブラジルのゴールフェスティバルに参加した。

レオ・メッシが、2018ワールドカップ予選で、ウルグアイを前に勝利弾 (1-0)を決めて、 代表週の主役となった。メッシは、新代表監督エドガルド・バウサのもと、デビューしたが、素晴らしいレベルを改めてピッチで証明し、試合唯一の得点を決めて、代表を勝利に導いた。前半終了まで後、5分という時間に、エリア外からポテンシャルあふれるシュートを放ち、ゴールに突き刺した。

チームメート、スアレスのウルグアイを前に、90分間プレーし、多くのチャンスを手にすることはできなかったものの、勝利を収め、アルゼンチンに勝ち点14をもたらし、グループ内首位に押し上げた。ウルグアイが勝ち点13で次点だ。

ネイマールJr、ブラジルで決定的な働き

一方、バルサのブラジル人クラックも、ブラジル代表のゴールフェスティバルに参加した。エクアドルを前に行なわれた試合で、ネイマールJrは、72分にPKを決めて、先制点をマークし、試合を0-3に終え、勝ち点12で再び、ブラジルは、2018ワールドカップ予選グループのトップになった。

Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ